≪関西のニュース

神戸や尼崎など兵庫4市で「時短要請」開始 兵庫県では“4月の緊急事態宣言時”以来

更新:2021/01/12 12:18

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1月12日、兵庫県でも神戸市など4つの市で飲食店などを対象に営業時間を午後9時までに短縮するよう求める要請が始まりました。

 兵庫県は、神戸市・西宮市・芦屋市・尼崎市の4つの市で、居酒屋など酒類の提供や接待を伴う飲食店に対し、1月12日から2月7日まで、営業時間を午後9時までに短縮するよう求めていて、要請に応じた店には1日あたり4万円の協力金が支払われます。兵庫県が営業時間の制限を求めるのは去年4月の緊急事態宣言以来です。

 (焼鳥こにし 店長)
 「ゴールデンタイムがその時間(午後9時から)くらいなので、正直辛い部分はありますね。」

 (居酒屋「農家うたげ。」を運営する情熱ダイニング 池原晃喜社長)
 「GoToイートの時は希望の光を見させてもらいましたけども、やっぱり今回『あーだめか』と。落ちてても仕方がないので、できる限りのことはやっていきたい。」

 政府は1月13日にも大阪府・京都府・兵庫県を緊急事態宣言の対象に加える方向で調整を進めていますが、大阪府の吉村洋文知事は宣言発表の有無に関わらず、1月14日から大阪府全域の飲食店に対して午後8時までの時短営業を要請する方針を示していて、1月12日午後に行われる対策本部会議で正式決定する見込みです。


最近の関西ニュース