≪関西のニュース

大阪110番通報が26年ぶり“100万件下回る”一方でマスク着用などめぐる通報も

更新:2021/01/11 17:37

 大阪府警は去年1年間で受理した“110番通報”が『26年ぶりに100万件を下回った』と発表しました。一方で、コロナ禍を反映した通報も多く寄せられたということです。

 1月10日の「110番の日」に合わせた大阪府警の発表によりますと、2020年の1年間で寄せられた110番通報は92万8868件(-7万4111件)でした。新型コロナウイルスによる外出自粛で、人や車の数が減ったためとみられ、26年ぶりに100万件を下回りました。

 一方で、こんな通報も…

 (大阪府警への110番)「マスクを路上で売っている人がいます。」

 最初の緊急事態宣言が出された去年4月、マスクが日本中で品薄状態になり、路上での高額販売や買い占めなどが横行していました。さらに…

 (大阪府警への110番)「自粛要請が出ているのに居酒屋が営業しています。」

 いわゆる自粛警察です。他にも、マスク着用をめぐるトラブルや、店の行列で距離が近いといった“ソーシャルディスタンス”に関する通報など、コロナ関連の110番は去年1年間(去年3月~12月)で456件だったということです。


最近の関西ニュース