≪関西のニュース

東大阪市は初めて「花園ラグビー場」で成人式 京都市は10会場に分散で式典開催

更新:2021/01/11 12:17

 「成人の日」の1月11日、新型コロナウイルスの影響で成人式を延期する自治体もある中、京都市や東大阪市などでは感染防止対策を取った上で門出を祝う式典が行われました。

 今年の京都市の成人式は事前申し込み制で、開催時間は例年の半分の約20分に。新成人7300人が、密を避けるため、のべ10会場に分かれて参加しました。華やかな和装やスーツに身を包んだマスク姿の新成人たちに話を聞きました。

 (新成人)
 「(成人式が)できるか不安だったんですけど、開催されてよかったなと思います。」
 「(式典後は)友達と遊ぼうかと話していたんですけど、こういう感じなので全部中止。さみしいですけど仕方ないので。」

 5151人が新成人となる東大阪市では、初めて花園ラグビー場で成人式が開催されました。例年は総合体育館で行われていますが、換気の必要のない屋外での開催となりました。

 (新成人)
 「社会に出ても恥ずかしくないように自覚を持って精一杯生きていくことが今後の目標です。」
 「自分に責任を持って物事を考えて行動していけるような人になりたいです。」

 一方、大阪府八尾市は式典を取りやめ、商業施設や市立中学校の校門付近に記念撮影スポットを設けるなど、各地で例年とは違う門出の光景となりました。


最近の関西ニュース