≪関西のニュース

今年は“走らず”本殿へ…西宮神社の「福男選び」中止 開門時には500人の参拝者

更新:2021/01/10 13:01

 兵庫県西宮市の西宮神社では、新型コロナウイルスの影響で毎年1月10日に行われる恒例の「福男選び」が中止になり、今年は参拝者が走らず歩いて本殿に向かう神事となりました。

 1月10日午前6時、門が開くと約500人の参拝者たちがゆっくりと歩いていきました。商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社・西宮神社では、毎年1月10日の「十日えびす」に本殿参拝の一番乗りを競う「福男選び」が行われています。約5000人が参加する新年の恒例行事ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で54年ぶりの中止になりました。

 (参拝者)
 「なんか活気がないですね。」
 「コロナがなくなったら来年ぜひ参加してみたいです。」

 「十日えびす」は1月11日までで、西宮神社は分散参拝への協力を呼びかけています。


最近の関西ニュース