≪関西のニュース

政府側「感染者数増加の分析が必要」 関西3府県知事が『緊急事態宣言』要請

更新:2021/01/09 19:01

 1月9日午後、大阪・京都・兵庫の3府県の知事は、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、西村康稔経済再生担当大臣に緊急事態宣言を出すよう要請しました。

 (大阪府 吉村洋文知事)
 「本日、大阪府・京都府・兵庫県で国に対して緊急事態宣言の発令を検討してもらいたいという要請を致しました。なぜこういうふうな増加になっているかの分析も踏まえて、来週末ぐらいまではもう少し増加の分析を国の専門家とする必要があるというご意見でした。」

 3府県では、1月8日には新規感染者の数が最多となるなど、医療体制のひっ迫が深刻化して医療崩壊の恐れもあるとしていますが、政府からは「来週末ごろまで感染者数の分析をする必要がある」という意見が示されたということです。

 (京都府 西脇隆俊知事)
 「医療のひっ迫度合いについては非常に厳しい状況にあるという話は大臣には示させていただきました。」
 (兵庫県 井戸敏三知事)
 「(兵庫県の新規感染者数は)4日間連続最多になった。国の検討をできるだけ急いでいただいて、宣言を早く出していただくように。」

 一方、要請を受けた西村大臣は次のように述べました。

 (西村経済再生担当大臣)
 「緊急事態宣言措置の対象に3府県を加えることにつきましては、感染状況の分析、病床確保の評価、こういったことを3知事と状況を確認しながら専門家の意見を聞いて、国において検討をしていくということにしたいと思います。」


最近の関西ニュース