≪関西のニュース

USJが一部アルバイト“契約更新せず”…入場者数制限など影響『人件費抑制が狙い』

更新:2020/09/16 17:45

 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が、新型コロナウイルスの影響で来場者が減っていることを受け、パーク内で働く一部のアルバイトの契約更新を行わないことを明らかにしました。

 USJによりますと、現在パーク内で働く従業員約1万1000人のうち9000人ほどを占めるアルバイトの一部の契約を更新せず、契約満了で雇用を終了するということです。

 USJは、新型コロナウイルスの影響で2月末にパークを臨時休業し、6月から段階的に営業を再開させましたが、9月現在も入場者数の上限を半分ほどにしていて、人件費を抑える狙いがあります。

 コロナ禍の大型テーマパークでは、「東京ディズニーリゾート」を運営するオリエンタルランドも、ダンサーなど一部の契約社員に園内の窓口業務などへの配置転換や退職などを提示するほか、約4000人の今期の冬のボーナスを当初の予定から7割カットすることを明らかにしています。


最近の関西ニュース