≪関西のニュース

大麻所持・同僚に譲渡の大阪府警元巡査“執行猶予付き”有罪判決「反省の態度示した」

更新:2020/09/16 12:10

 自宅で大麻を所持し、同僚の元巡査に譲り渡した麻薬特例法違反などの罪に問われた大阪府警の元巡査の裁判で、大阪地裁は“執行猶予付きの有罪判決”を言い渡しました。

 判決によりますと、大阪府警堺署の元巡査・藏川涼太被告(22)は、今年5月に自宅で大麻0.16gを所持したほか、警察学校の同期である元巡査2人に対して6回にわたって大麻を約1gあたり現金5000円で譲り渡しました。

 9月16日の裁判で、大阪地裁は「法を遵守すべき立場である警察官であることから強い非難に値し刑事責任は重い」とした一方、「反省の態度を示している」として、藏川被告に『懲役1年2か月・執行猶予3年』などの有罪判決を言い渡しました。


最近の関西ニュース