≪関西のニュース

教員いじめで校長会見…「認識甘かった」「東須磨の子どもの前での指導を行わせない」

更新:2019/10/09 18:30

 神戸市の市立東須磨小学校で教員4人が後輩教員に対し激辛カレーを目にこすりつけるなどのいじめを繰り返していた問題で、10月9日午後に校長が会見を開き「いじめへの認識が甘かった」と話しました。

 「児童・保護者をはじめ関係者の皆様に多大なるご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申しあげます。大変申し訳ございませんでした。」(東須磨小学校 仁王美貴校長)

 9日午後5時に始まった会見は、神戸市立東須磨小学校の仁王校長の謝罪から始まりました。30代から40代の教員の男女4人が20代の男性教員に対して激辛カレーを無理やり食べさせたり目にこすりつけたりするなどした教員による教員へのいじめ。いじめの認識について会見で校長はこう話しました。

 「ハラスメント行為に対する認識が甘かったのだと思っております。」(東須磨小学校 仁王美貴校長)

 男性教員は激辛カレーを目にこすりつけられるだけはでなく、買ったばかりの車の上に乗られるなどのいじめ行為を受けていました。男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から学校を休んでいます。9日の会見で仁王校長は加害教員について次のように語りました。

 「これらの行為は、教員として人として許されるべきものではなく、行為の重大性から委員会とも相談の上、(加害教員)4人を校務から外し、今後一切東須磨の子どもの前での指導を行わせないという判断をいたしました。」(仁王美貴校長)

 被害教員は刑事告訴を検討していて、市教委も加害教員の処分を検討しているということです。


最近の関西ニュース