≪関西のニュース

関電トップ辞任表明…高浜町長「一定の評価」 第三者委に市の推薦メンバーは入らず

更新:2019/10/09 17:25

 関西電力の幹部らが福井県高浜町の元助役らから多額の金品を受け取っていた問題で、八木誠会長と岩根茂樹社長ら合わせて6人の辞任が発表されました。

 地元、福井県高浜町の野瀬豊町長は、運転延長の許可を得た高浜原発1・2号機の再稼働は、関電役員の抜本的な見直しが前提との厳しい姿勢を示していましたが、八木会長らの辞任表明を受けて…

 「役員体制の見直しを(再稼働の)条件にあげさせて頂きました。辞任・退任ということで今回名前の挙がった役員のほとんどがそういう(辞任・退任の)対応をとられるということで、関西電力内での自浄作用に一定の評価をしたい。」(高浜町 野瀬豊町長)

 そして、街の人は…

 「ああいうことをするとそれなりの責任をトップが取らないといけないのかなと。」(男性)
 「自分らに都合の良いようなことしか言ってないような、言い訳じみたことばかりだったので。実際はどうなのかなと。」(女性)
 「ちゃんときちんとするんやったら辞めないとしようがない。貰った人間は身を引いてもらって、貰った人間にケジメをつけてもらう。」(男性)

 一方、一連の問題の再調査を行うために関西電力が設置する第三者委員会の人選について、筆頭株主の大阪市は『市が推薦するメンバー』を加えるよう求めてきました。橋下徹元大阪市長が有力候補で、橋下氏も前向きな姿勢を示していましたが、10月9日に発足した委員会のメンバーには選ばれませんでした。

 「我々が推薦したいということについて、受け入れられなかったことは残念ですけども、第三者委員会としては外形的に見て独立しているかなという風には感じています。」(大阪市 松井一郎市長)

 また八木会長は関西経済連合会の副会長も辞任することを発表し、関西経済連合会の松本正義会長はこれについて…

 「私自身はよく決断されたなと。万博というのは、関西一つでまとまってやっていますから、これにはほとんど影響は無いのではないかと私は推測します。」(関西経済連合会 松本正義会長)

 原発をめぐる多額な金品の受け取りが発覚したことで、関西経済を代表する企業のトップが辞任する異例の事態となりました。


最近の関西ニュース