≪関西のニュース

70代男がコカイン大量密輸で逮捕・起訴

更新:2019/08/15 05:58

 ブラジルから大量のコカインをバッグに入れて密輸したとして、70代の自営業の男が逮捕、起訴されました。

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕・起訴されたのは、千葉県松戸市の自営業・今野茂正被告(71)です。警察や税関によりますと、7月22日、今野被告は営利目的でブラジルからフランスを経由し関西空港へ到着する際、コカイン約2.4kg、末端価格約4700万円相当をバッグの中に隠して密輸した疑いが持たれています。

 取り調べに対し今野被告は「SNSで知り合ったドバイ人からペーパークラフトを運べば20〜30万円の報酬を渡すと言われ、ブラジルでバッグを受け取ったが、違法な薬物が入っていると思っていた」と容疑を認めているということです。


最近の関西ニュース