≪関西のニュース

堺市長選挙 自民党堺市議団ら、候補者擁立の方針

更新:2019/05/16 00:11

 自民党堺市議団は15日、大阪都構想の住民投票容認の意向を示した自民党大阪府連・渡嘉敷会長に対し、抗議文を提出しました。そのうえで堺市長選挙に候補者を擁立する方針を固めたことが分かりました。

 今月11日、自民党大阪府連の渡嘉敷奈緒美会長は都構想の住民投票を容認し維新と連携を図る方針を述べました。これに対し堺市議団は15日、発言撤回と謝罪を求める抗議文を提出しました。

「なんのためにあのW選挙をしたのか、(大阪府連が)なにを言おうが、我々堺出身、堺の市民がそれを守ろうとして今までやってきた」(自民党堺市議団 西村昭三幹事長)

 さらに、堺市議団などは来月行われる堺市長選で候補者を擁立する方針を固めたことが分かりました。地元議員など複数が候補に挙がっていて、近く決定するということです。堺市長選ではすでに維新の会公認で永藤英機さんが出馬を表明しています。


最近の関西ニュース