≪関西のニュース

多可町いじめ自殺再調査委 「いじめが最大要因」

更新:2019/04/16 00:06

 おととし兵庫県多可町で小学5年の女子児童が自殺した問題で町が設置した再調査委員会は「いじめが自殺の最大要因」とする調査結果をまとめました。

 おととし5月、兵庫県多可町で小学5年の女子児童(10)が自宅で自殺し去年7月町の教育委員会が設けた第三者委員会は「いじめが自殺の要因」とする調査結果をまとめました。しかし遺族は「いじめの具体的な内容が明らかではない」として町に再調査を要望し、再調査委員会が設けられました。

 委員会は最終報告書を発表し報告書では児童が小学4年生の時からグループ内で仲間外れにされたりけられるなど暴力行為のいじめがあったと指摘し「自殺に至った最大要因はいじめ」と認定しました。

 児童の遺族は「自死に至った経緯を詳しく知ることができました二度と起こさないための再発防止策を強く求めます」とコメントしています。


最近の関西ニュース