≪関西のニュース

いじめメモ隠蔽問題 神戸市教委幹部を停職3か月

更新:2019/01/12 10:05

 3年前、神戸市垂水区で中学3年の女子生徒が自殺し、いじめを証言した同級生らのメモが隠蔽された問題で、神戸市教育委員会は、隠蔽を指示した首席指導主事を停職3か月などの懲戒処分にしました。

 3年前、神戸市垂水区の中学3年の女子生徒が自殺した問題を巡っては、直後に学校側が同級生らからいじめを裏付ける内容の聞き取りメモを作成していましたが、教育委員会の首席指導主事が当時の校長に隠ぺいを指示していたことが去年、発覚しました。

 教育委員会は11日、この首席指導主事を停職3カ月にするなど幹部5人を懲戒処分にしました。首席指導主事(58)は「いじめを隠蔽するつもりはなかった」と話しているということです。遺族側は「被害生徒や保護者に寄り添った対応がなされる組織風土に変わることを願ってやみません」とコメントしています。


最近の関西ニュース