≪関西のニュース

“盗撮魔”と中傷の貼り紙 6年間「嫌がらせ」の46歳女を逮捕 

更新:2018/10/12 01:15

 神戸市のマンションで、住人の男性を「盗撮魔」と中傷する紙を玄関先に貼るなど迷惑行為を行ったとして、46歳の女が逮捕されました。迷惑行為は約6年間続いていたということです。

 玄関先に張られた1枚の紙。住人を「盗撮魔」「犯罪者」と中傷する内容が書かれています。別の日にも同じような内容の紙が…。これらは同じマンションに住む女の仕業でした。

 9日に逮捕された神戸市の無職・北川弥生容疑者(46)は今年6月、マンションの一つ上の階に住む男性を中傷する内容の紙を玄関先に貼り付け、名誉を棄損した疑いがもたれています。

 「しんどいです、正直しんどいです。家って安らぎのために帰ってきてるのに、帰ることがストレスになるのが嫌ですね」(被害を受けた男性)

 男性によりますと、北川容疑者が別の住人を中傷していることについて注意したところ、顔を合わせるたびに大声で罵声を浴びせられるようになったといいます。嫌がらせは約6年に及んでいるということです。

 「探偵を雇ったっていうので、僕の会社だったり妻がどこ出身だとかを大声で1階で叫んだりしていた」(被害を受けたの男性)

 男性は身の危険を感じ、迷惑行為を撮影します。すると…

 「うわっもう恐怖。もう怖い。めちゃ怖い、助けて」(北川弥生容疑者)

 さらに別の日には…

 「撮ったのはお前だろ、非常識なことをやったんや、おっさんが。謝れって、だから終わらへんねん」(北川弥生容疑者)

 男性は証拠を残すために玄関前に防犯カメラを設置し、動画が決め手となり北川容疑者は逮捕されました。警察の調べに対し、北川容疑者は「私が考えて書いた文書に間違いない」と容疑を認めているということです。


最近の関西ニュース