≪関西のニュース

宝塚市中2女子生徒自殺 調査報告書でいじめ認定、自殺との因果関係も…

更新:2018/10/11 19:13

 兵庫県宝塚市で中学2年の女子生徒が自殺した問題で、市の第三者委員会がいじめを認定し自殺との因果関係を認める報告書をまとめました。

 おととし12月、宝塚市のマンションで当時中学2年の女子生徒(14)が飛び降り、死亡しました。

 遺族などによりますと、市の第三者委員会がまとめた報告書では、女子生徒がほかの生徒から「ストーカー」呼ばわりされたことなどをいじめと認定し、「いじめ行為以外に特に自死に結び付くような事柄がなかった」と自殺との因果関係を認める内容だということです。報告書は今年7月に一度まとめられましたが、遺族からの指摘などに応え、今月1日付けで改定されました。

 遺族はMBSの取材に対し「学校などがいじめにしっかり対応していれば娘は死ななくてもよかった。なぜ対処できなかったのか、明らかにしてほしい」とコメントしています。


最近の関西ニュース