≪関西のニュース

関空第1ターミナル10日ぶりに一部再開 復旧への道のりは少しずつ…

更新:2018/09/14 19:10

 関西空港では14日から第1ターミナルの一部で運用が再開しました。台風直撃から10日ぶり、少しずつ復旧への道のりを歩んでいます。

 14日朝、10日ぶりに動き出した関西空港第1ターミナル。タンカーが衝突した連絡橋の復旧工事が進む中での再開で、さぞ混乱しているかと思いきや…

 「きょうから運用が再開されましたが半数以上の便が欠航しているのでさほどの混乱はみられません」(木村富友佳記者リポート)

 14日、第1ターミナルを発着したのは国際線・国内線あわせて120便程度と、通常の3割から4割ほど。21日には第1ターミナル全体が復旧する予定ですが、その時点で以前の運航数まで回復するかどうかは現時点ではまだわからないということです。また、関空から陸路で出るにはバスを使うしかありません。降り立った外国人観光客は、そのことを知っているのでしょうか?

 「電車が使えないというのでバスを予約しました」(韓国から)
 「この後バスに乗ります。ニュースやSNSで知りました」(中国から)

 海外のニュースやSNSなどでも話題になっているらしく、こちらも大きな混乱なく進んでいました。一方で、利用者が最も困っていたのが…

 「食事のところが探してもないし」(男性)
 Q.飲食店が…
 「ここ1か所!ずっと探してみたけどここだけだった」(男性)

 14日、3階のレストランフロアで営業していたのはとんかつ店1店舗だけ。2階でも喫茶店や臨時の弁当売り場がある程度で、営業している店舗に人が集中していました。

 「もうほとんど食材がなくなりました。もともと限定したメニューで、ある程度予想した数量があったんですけどそれを大幅に上回るような形で」(喫茶店のスタッフ)

 復旧への第一歩を踏み出した関西空港。以前の活気を取り戻すにはまだ時間がかかりそうです。


最近の関西ニュース