≪関西のニュース

京都府警が民泊新法施行後初の“ヤミ民泊”摘発 男4人書類送検

更新:2018/09/14 19:12

 今年6月の民泊新法の施行後、全国で初めていわゆる「ヤミ民泊」が摘発されました。
 
 京都府警に書類送検された大阪市中央区の旅館経営会社の社長の男(30)ら4人は今年6月、京都市右京区の賃貸住宅に外国人旅行者ら15人を無許可で宿泊させた旅館業法違反などの疑いがもたれています。2年半前からこの賃貸住宅を「ヤミ民泊」として経営し約1300万円を売り上げていたということです。

 「1年は続いてるんかな。(宿泊客は)中国人とか韓国人とか外国人ばっかりやな」(近隣住民)

 男らは「手続きが面倒だった」と容疑を認めているということです。


最近の関西ニュース