≪関西のニュース

亡き父に「再審決定」を報告 滋賀・日野町事件

更新:2018/07/12 19:25

 34年前、滋賀県日野町で女性が殺害されるなどしたいわゆる「日野町事件」で、無期懲役となりその後死亡した男性の再審=裁判のやり直しが決まり、家族は12日に墓前で再審開始を報告しました。

 大津地裁の決定から一夜明けた12日。無期懲役となりその後死亡した阪原弘さんの墓前で、長男の弘次さんらが再審開始の決定を報告しました。

 「父ちゃん見てくれるか。『本件について再審を開始する』ってもらったんやで。良かったな、よく見てや」(阪原さんの長男 弘次さん)

 阪原さんは34年前に日野町で起きた強盗殺人事件、いわゆる「日野町事件」で2000年に無期懲役となりその後病死しました。家族がその後再審を求め、大津地裁は11日「自白は暴力や脅迫で強要されたもの」などとして裁判のやり直しを決めました。

 再審開始の報告とともに、弘次さんらは阪原さんが大好きだったという日本酒で乾杯しました。

 「きょうの酒は私自身は絶対に忘れない。父にこういう報告ができる日が来て本当に嬉しいです」(長男 弘次さん)

 大津地検は11日の決定について「誠に遺憾」とコメントしていて、今後即時抗告すれば裁判をやり直すかどうか大阪高裁で再び審理されることになります。


最近の関西ニュース