≪関西のニュース

須磨海水浴場で海開き 豪雨で砂浜には流木も

更新:2018/07/12 11:59

 神戸市の須磨海水浴場が12日に海開きを迎えましたが、豪雨の影響で砂浜には流木などが散乱していて市の職員らが撤去活動を続けています。

 30度を超える暑さの中、海開きを迎えた「須磨海水浴場」には地元の幼稚園児約100人が訪れ初泳ぎを楽しみました。

 「冷たくて楽しい」(男の子)
 「ジャンプして楽しい」(男の子)

 須磨海水浴場では毎年、若者が酒を飲んで騒ぐなど警察官が出動する事態が相次ぎ、今年から酒の持ち込み禁止のファミリーエリアが新設されました。一方、砂浜の脇には先週の豪雨の影響で流れ着いたとみられる流木などが積み上げられていて、市の職員らが手作業で撤去活動を続けています。


最近の関西ニュース