≪関西のニュース

「日本沈没 第二部」小松左京の創作メモ発見

更新:2018/07/11 19:35

 1970年代にベストセラーとなったSF小説「日本沈没」。この小説の原作者・小松左京による続編の創作メモが発見されました。

 この小説は、近未来の日本でプレート型の巨大地震が相次ぎ日本列島が海に沈む物語で、国家存亡の危機に生きることの意味を日本人に問いかけた作品です。

 2006年に「日本沈没 第二部」がSF作家・谷甲州との共著で発表されますが、今回見つかった45年前の直筆の創作メモには、列島沈没後の日本で「海上国家をつくる」などの記述があり、小松の創作活動の一端を垣間見ることができます。創作メモは、今月14日から大阪ではじまる小松左京展で公開されます。


最近の関西ニュース