お笑い芸人TKOの木本武宏さんが自身の投資トラブルをめぐり23日に記者会見をしました。「FXの失敗を不動産投資で取り返そうとして」10人以上から集めた約7億円を投資、未だに4.5億円が返済できず宙に浮いているといいます。芸能記者の中西正男氏は「木本さんはいい人なのでみんなが信用した。これからTKOの二人で活動を再開してお金と信頼を回復していくしかない」と話します。
(2023年1月23日MBSテレビ「よんチャンTV」より)

FXトレーダーと連絡が取れなくなり資金を取り戻すため、仲が良かった不動産投資家を頼るが、、、

ーーー2022年7月、多額の投資トラブルを報じられていたTKO木本さんがおよそ半年経った24日、記者会見を行いました。
 今まで私を応援してきてくださった皆様、そして関係者の皆様、何よりも今回このような騒動に巻き込んでしまった仲間の友人の皆様、改めて本当に申し訳ありませんでした。詐欺の可能性が高いのかもというところから始まり、そのためにはもう少し詳細に調査をしないと駄目だという弁護士先生の意見もありました。会見を開くことによって何かしら刺激になってより悪い状況になってしまうのを避けたいという気持ちも僕のもとに届けていただき、いろんな意見がある中で僕1人の気持ちだけではこうやって公に動くのはどうかと思い今日まで控えてきました。結果的に10人仲間内、全員友人です。トータル1億7000万円ほどをあずけることになりまして

ーーーその後FXトレーダーと連絡が取れなくなり資金を取り戻すため、仲が良かった不動産投資家を頼ることに。

 わらにもすがる気持ちだったんで、10年来の友人だったっていうこともあり、彼に何かしら騙されたっていうこともなかったので、不動産の方は僕含め4人、5億円強集まりました。もう最初は本当に申し訳ございません誤解を招きますが恨みとか、そういうような感情が芽生えましたけど、いや、違うと思っても、それも全部もう自分が招いたことなんだ、っていうところに今はもう心の底から思ってるので、自分の口から外部に漏れないようにっていう思いで、とにかくもし帰ってこなかった場合は私が責任取りますんで。どうか。表に出さないでくださいっていうような書面を書きました。腕時計から車から洋服であったりとか、家財であったりとかこれがお金になるっていうものはほとんど小物含めて、お金に換えました。

ーーー現在は被害額の一部が返済されていて、今年の夏ごろをめどに解決の見通しを立てているということです。

いわゆる美味しい話なんてこの世にないっていうのは本当にそうだと今思ってます。投資っていうことがまるで僕のこの責任で悪いことのような印象付けてしまったっていう責任もすごく感じています。

ーーーそして会見の終盤には、今回の騒動発覚時に真っ先に声をかけてくれたという相方の木下さんが登場2人で一からやり直すことを発表しました。

 ようやくTKOとして、不祥事コンビでございますが、フリーで自由に前に進めるということで、これから2人でゆっくり話して次何しようあれしようというのを間違いない選択を選んでいって頑張っていきたいと思いますので、皆様応援のほどよろしくお願いします。

ーーーこの時間は芸能記者の中西正男さんです。中西さんはこの木本さんに関してはどんな印象を持ってらっしゃいますか。

中西正男氏
 そうですね。松竹芸能のときは芸人さんの良き兄貴分みたいな感じでみんなが頼ってるんで。ちょっと風紀委員みたいに「お前はちゃんとしっかりせなあかんで」っていうふうなことを言ったりする立場の人ではありましたね。

ーーー会見で語られたトラブルは二つ、まず一つ目は友人など10人で1億7000万円をA氏に預けた。このA氏という人はFXのトレーダー。ところがなかなか利益が出ないと6000万円返してもらったんだけれども、その直後に音信不通になってしまった。ですからマイナス1億1000万円ほど。それを取り返すべくですね、今度は友人など4人で、5億円強のお金を集めてB氏という人、この人は木本さんの10年来の友人だったということなんですけども、不動産投資でB氏に預けた。ただそれもうまくいってません。木本さんらに1億6000万円を返してもらってその直後に音信不通になったということなんですよね。音信不通になったときにどう対応するかっていう選択肢が、本当にこれで良かったんですかっていうのは純粋に思います。中西さんのところにはこの会見前に木本さんから連絡あったそうですね。

中西氏 会見にいたるまでは昨日もちょっとお話もしましたし、それ以前のところでお話もさせてもらってましたけれど。木本さんも今日の会見でもおっしゃってましたけれど、後悔というか自分でもなんでそんな手を取ったんやろっていうところも多々あるというふうなこともご自身でも言ってらっしゃいましたし、僕が聞く中でそんな何か例えばこのお金を集めてそれで何か自分が手数料を取って儲けようとかそういうふうなことがあったわけではない。これは複数のいろんな所から話聞いてましたけど、それは僕断言できますけれども、松竹芸能のね、若手の人とかに自分の知り合いの社長さんとかがちょっと警備のバイトとかがあってすごくこれ割のいいものやからといって、後輩にそれを紹介してあげたり、ちょっとでも後輩の人の生活が楽になったらと。その延長線みたいな感じで困ってる人がいるんやったらちょっと話があるよっていうのを言われたようですけれど、ただそこに善意悪意はないけれどもその行為がちょっと大人として軽率というか、ちょっと暴発してしまったところがあるのかなと、僕は思ってますけどね。

ーーーなんせこの金額がめちゃくちゃ大きいことと、やっぱりFX投資不動産としてやっぱリスクがありますから、そこを木本さん自身がどう考えてたんかなというのは疑問ですけど。現在はA氏B氏と連絡が取れてA氏に関しては去年9月から返済が開始されています。B氏に関しては返済計画の報告があったということで、何とかこの見通しが立ったので今回会見をされたということです。このお金なんですが、もちろんまだ全額返ってきてないんですけども、お金を肩代わりもということでFXと不動産投資で約4.5億円が宙に浮いてる。A氏B氏から返済ない場合は、もしもこのお金が返ってこない場合はトラブルを他言しない条件で友人らに木本さん自身が返済するという約束をした。だがもうこれ以上あの語らないでください、喋らないでください。僕が返していきますということを木本さんがその友人たちにも伝えていた約束していたということですね。既に一部を肩代わりし友人への返済は残りも1億円強のところまで今は刑事告訴をせずにA氏B氏の返済を待つということ。で、預けたお金、どういうふうに運用されたのかっていうところなんですけども、今木本さんが得ている情報では、A氏のFXは実態があったと。ただB氏の不動産投資は実態がなかったという5億円強を集めて不動産投資しますって言って実態がない。これは詐欺になる可能性はありますね。

中西氏 木本さんって一言で言うたらものすごくいい人でもあるんです。これは両方ありますけどね、やっぱこの人は信用できると思ったら---。今回会見が遅れた一つの要素は木本さんも何がどうなってどう金が動いてるかっていうことをご自身もその時全部を理解していたわけではない。だから会見やったら結局それ全部聞かれますけど、それに答えられへんかったらあかんので、全部理解したりとかその流れを自分が把握するための時間がかかったっていうのもあったんです。だからそのBさんとは仲良しだけどそんな仕事の深い話もしてへん。ただBさんと仲良しやから大丈夫だろうと思って。見切り発車みたいにやってるところは多分にあったと思うし。

ーーーしかも自分のお金だけじゃなくて友達からお金を集めて5億円ですから、どういう形態がとられていたのかちょっとそこはわからないんですけど。逆に木本さんが被害をこうむっているという可能性もあるという形も考えられる。そしてこんな話もありました。手数料などはもらっていない。無知なのに友人に話して興味を持たせてしまった。投資は怖いものと世間に印象付けてしまったと大変反省をされているということです。

 最後木下さんも出てきてありましたけど、こっから2人でまたTKOとしてやっていくと僕も聞いてますので、だからもうその中でお金を稼いでより一層お金と信頼を回復していくってことしかもうないんですけどね。

ーーー会見の終盤には相方の木下さんも出てこられました。コンビで3年ぶりに活動を開始するということです。振り返ると2020年の2月、大阪大東市でコンビでライブに出演しました。2020年の3月、木下さんがパワハラ騒動ありましたね。松竹芸能を退所、そして去年の7月木本さんが投資トラブルで松竹芸能を退所されたということです。今後なんですけども、今日コンビのホームページを開設されたんだそうです。2月に大阪でトークライブを行います。今後、お笑いの賞レースも出られるものがあったら出たいなということでこのPKを2人の活動に関しては、中西さんはどういうふうに見ていらっしゃいますか。

 木下さんがね、松竹芸能出たあたりのところでバッシングものすごいきてるときに、僕がやってるヤフーの連載でインタビューをしたんですね。その時はまだ木本さんの話は全く出てなかった。木下さんは14歳から木本とは一緒で、いろいろと木下さんがバッシングされてることを木本さんは非常に残念やと言うてくれてると、ほんでみんながお前のことを怖い人間やとなんか、パワハラとかがあって怖い人間やと思われてるのがもう俺はもうたまらんね。悔しいねって言ってくれてるとそれが自分はほんまに嬉しいし、TKOが自分の幹やから今後は何とか2人でやっていきたいとおっしゃってたんですね。

 そこからもうこの二、三年でいろんなこと起こりましたけども、その根本は今も一緒やと聞いてますんで、今後はコンビとして。ただやりますって仕事があるかどうかわかりませんからね。これもいろんな芸人さんまたそうですけど、需要があれば仕事があるし需要がなければ売れへんだけですから。これはもうお2人がきっちり向き合うしかない。

ーーーまずは木本さん、まだ全部返済できてないのでまずはそのお金を返してまたね。信用してもらうというところからね頑張ってもらいたいと思います。