映画試写会 preview映画トップへ

MBS特別試写会                    『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

10月28日(土)全国ロードショー

初めてのときめき、初めての胸の苦しさ、そして初めてのキス。
人生でたった一度しかない初恋は、先生への片想いから始まった・・・・・。

イントロダクション INTRODUCTION
先生! 、、、好きになってもいいですか?先生と生徒の切ない純愛を描き、累計発行部数570万部を突破した河原和音による伝説の少女コミックがついに映画化。人を好きになることに真摯に向き合った原作は、純文学の香りさえ感じさせる名作として今なお幅広い読者層を誇ります。
このクラシカルな純愛ストーリーに挑戦するのは、生田斗真×広瀬すずという、今や日本映画界には欠かせない存在となった2人。強烈に“今”を感じさせるこの豪華カップリングが、いつの時代も変わらない普遍的な恋心を体現します。
竜星涼、森川葵、健太郎など人気若手キャスト陣が集結し、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオら、実力派のキャスト達もしっかりと脇を固めています。
作品に寄り添う主題歌には、今年結成30周年を迎えた人気バンド=スピッツが本作からのインスピレーションを得た書き下ろし楽曲「歌ウサギ」を提供するのも話題です。
まっすぐに気持ちをぶつけることは素敵だけど、どこか怖い。そんな恋に少し臆病になってしまっている大人たちに、純粋に人を想うまぶしさを、恋をして急に輝き出すあの日々を、『先生!』は思い出させてくれるのです。
一度でも恋に涙したことがある人たちへ――新しい純愛映画が誕生します。
ストーリー STORY
先生! 、、、好きになってもいいですか?「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
高校2年生の響(広瀬すず)は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。
その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤(生田斗真)だった。
「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。
「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。
作品紹介 INFORMATION
原作:「先生!」河原和音(集英社文庫コミック版)
監督:三木孝浩
出演:生田斗真 広瀬すず 
竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
配給:ワーナー・ブラザース映画
試写会応募要項 ENTRY

この映画の試写会に350組700人の方(抽選)をご招待します。

試写会日時
2017/10/21(土)
13:30開場、14:00開演
会場
大阪商工会議所・国際会議ホール
PCからの場合
下のボタンから応募フォームを開き応募して下さい。2017/10/13(金)まで受付 試写会応募フォームはこちら
ハガキの場合
ハガキに住所、氏名、電話番号、年齢を明記のうえ、下記の宛先までご郵送下さい。
※未記入の項目がある場合、申し込みが無効になることがあります。ご注意ください。
〒530-8041
日本郵便(株)大阪支店私書箱234号
毎日放送「『先生!』試写会」係
2017/10/13(金)到着分有効

※なお発表は発送をもって替えさせていただきます。

お勧め映画情報 recommend

青夏

【公開】2018年8月1日(水)
【出演】葵わかな 佐野勇斗
【監督】古澤 健
公式サイトへ official site

七つの大罪

【公開】2018年8月18日(土)
【原作】鈴木 央
【総監督】阿部記之
公式サイトへ official site

コーヒーが冷めないうちに

【公開】2018年9月21日(金)
【出演】有村架純 健太郎 波瑠 石田ゆり子
【監督】塚原あゆ子
公式サイトへ official site

わたしに××しなさい!

【公開】2018年6月23日(土)
【出演】玉城ティナ 小関裕太
【監督】山本 透
公式サイトへ official site

蚤とり侍

【公開】2018年5月18日(金)
【出演】阿部 寛 寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤 工
【監督】鶴橋康夫
公式サイトへ official site

試写会 preview

検察側の罪人
応募する entry

【監督・脚本】原田眞人
【出演】
木村拓哉 二宮和也 吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 大場泰正 谷田歩
酒向芳 矢島健一 キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山ア努
【配給】東宝
【試写会日時】2018/08/08(水)

もうすぐ受付開始予定 comong soon
  • 現在のところ、これ以降の試写会の予定はありません

※予定は変更になることがあります。ご了承ください。