MBS 毎日放送

ミント! ミント!

放送終了放送終了

特集記事

【特集】創業は飛鳥時代...日本最古の企業「金剛組」1400年の"宮大工の技術"を継ぐ親方と19歳の弟子

2021年03月02日(火)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

大阪に“日本最古の企業”とされる建設会社があります。創業は飛鳥時代。釘を使わずに木と木をつなぎ合わせて荘厳な神社仏閣を建てる。1400年の系譜と若い世代に受け継ごうとする宮大工たちを取材しました。

578年創業の「金剛組」 宮大工の技術を1400年以上受け継ぐ

大阪府堺市美原区にある「金剛組・関西加工センター」。ここでは、のこぎりやノミを使って木と木をつなぎ合わせる「継手(つぎて)」や柱と梁などの木材を直角に結合する「仕口(しくち)」と呼ばれる特殊な加工が行われています。ここで作業をする職人たちは『宮大工』です。
1a'.jpg
(宮大工歴45年 木口孝文さん)
「いかにこういう仕口で金物を使わないでやって、何十年何百年もたすっていうのがね。今やったらほとんどがボルトで簡単にする仕口もあるんです。こういうややこしいことをせんと。でもそれじゃあ何十年何百年というのはもたへんしね。」
1b.jpg
2020年12月、ユネスコが「伝統建築工匠の技」を無形文化遺産に登録し、宮大工らが古くから継承してきた寺社などを建造する技術が世界的に認められました。

そんな宮大工の技術を1400年以上にわたり受け継いできたのが大阪の建設会社「金剛組」です。飛鳥時代に聖徳太子から四天王寺の建立を命じられた宮大工の1人が578年に創業し、“日本最古の企業”と言われています。年間で500件以上の神社仏閣の工事を手掛け、保存や修復も担っています。
1c.jpg
大阪府貝塚市にある「正福寺」では、2018年の台風で瓦が吹き飛び、屋根板も剥がれる被害にあい、金剛組による修復工事が行われています。

(正福寺 長岡誠宏住職)
「昔からこの地域の人が守ってきたお堂を、きちんとした形で後世の人に残したいという思いがあるので、是非とも金剛組さんにということでお願いしました。」

親方と新人宮大工

金剛組の宮大工たちは総勢100人で8つの組に分かれています。親方は8人いて、それぞれに弟子が所属しています。
2a.jpg
2020年4月に金剛組に入社した山崎神聖さん(19)。木口孝文さんが親方の「木口組」に入りました。

(「金剛組」木口組 木口孝文親方)
「(山崎さんは)むちゃくちゃ真面目やね。怒られても怒られてものう、やる気満々なんやねんな。そこそこは仕事をこなせるようになってね。」

親方にとっては初めての弟子です。
2b'.jpg
この日、木口さんが山崎さんに教えていたのは、2つの木を1つにつなぐ「継手」です。親方の教えの下、作業を進めていきます。

(「金剛組」木口組 木口孝文親方)
「それで繋がったはずや。いい、いい!上等上等!」
2c'.jpg
釘を使わずに強度のある1本の柱になりました。

(記者)「意外と丁寧に教えられるんですね。」
(木口親方)「最初は教えておかないとわからんしね。(昔は)よー指金でどつかれてましたわ。頭をノミでガーンとやられて。」

金剛組では2020年に3人が入社。宮大工を志しても半数以上が辞めてしまうといい、“技術の継承”が重い課題となっています。

(新人宮大工 山崎神聖さん)
「親父が元々一般住宅の大工していたんですけれど、小さいころから親父の背中を見て育ったので。『僕も大工になりたい』と言ったところ、宮大工の方が技術的にも細かく教えてもらえるので、宮大工を目指そうかなと思いました。」

入社以来初めての現場作業

新人宮大工の山崎さん、2020年12月に入社以来初めて現場の作業を任されました。本堂の建て替え工事が行われている大阪府箕面市の「正念寺」。
3d.jpg
山崎さんが担当するのはお寺の玄関・薬医門の両側にある「袖塀」です。屋根の土台となる板を寸法に合わせて切断して貼り合わせていきます。
3e.jpg
新人宮大工は、自分の持ち場の作業を進めつつ、兄弟子の仕事も手伝います。

 (兄弟子)「もっと上やぞ。」
(山崎さん)「はい。」
 (兄弟子)「もっと上やぞ。」
(山崎さん)「あ、入ったっす。」

本堂内の柱に木材を固定する重要な工程。定規で測りながらミリ単位で表面を削り、釘などを使わずに設置していきます。

3i.jpg
3k.jpg
そして、親方の仕事。熟練した技で「継手」をはめていきます。寸分のくるいもない仕上がりです。
3l.jpg
昼休憩になりました。山崎さんは美味しそうなお弁当です。

 (記者)「誰が作ったの?」
(山崎さん)「おかん…おふくろっすね。」
(木口親方)「うらやましい。わしは30年前から手弁当みたいな感じ。」
 (記者)「棟梁は怖い?」
(山崎さん)「はい、怖いです。」
(木口親方)「もうあしたから来んでいいわ。ははは。」
(山崎さん)「(親方は)すごい宮大工だと思います。」
(木口親方)「まあ、辛抱せなあかんけどな、10年は。一人前になるまでは。僕らの仕事は何年経っても建物はずっと残っていくから、50年100年ね。孫の代、ひ孫の代に『じいちゃんやったんどー』と、自慢気にこの商売を言えるんちゃいます。」

宮大工で一人前になるには30年かかるといわれています。

「袖塀」の屋根板の出来は?

山崎さん、「袖塀」を作り始めて5か月、屋根板が完成しました。
4b.jpg
(山崎さん)「すみません、親方見てもらっていいですか?」
(木口親方)「終わった?はいよ。(屋根板を見て)おー上等上等!はい、OKOK!」
(山崎さん)「はい。」
(木口親方)「ここまでできるようになるとは。ちょっと時間かかるけどね。」

宮大工を目指したきっかけは「大工の父」

この日、仕事終わりに山崎さんの実家を訪ねました。宮大工を目指したきっかけは大工である父親・功さん(51)の存在でした。

(父親 功さん)
「宮大工といえば大工の頂点なので。僕もほんまはそっちの方に進みたかったんですけれど、僕がやっぱりなられへんかった分、息子に一人前の宮大工になってほしいなというのがあったので。頑張ってほしいですね。」

父親の夢だった宮大工。その思いも受け継いでいます。

引き継がれる宮大工の技術

宮大工として初めて挑んだ「正念寺」。作業最終日、「袖塀」も美しく仕上がっていました。

(山崎さん)「おはようございます。」
(正念寺 吉田正志住職)「ほんまに満足のいく立派なものを建ててもらったわ。やっぱり普通の大工さんとは違うもんね。それがいいところやね。」
(山崎さん)「はい。」
(正念寺 吉田正志住職)「普通の大工さんになったらあかんで。」
(山崎さん)「はい。」
6c.jpg
宮大工として技を極める。1400年にわたって受け継がれてきた技術は、今もなお後世に引き継がれています。

(3月2日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『特集』より)

最近の記事

バックナンバー