MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

特集記事

【特集】観光客激減で奈良公園の『シカ激やせ』は誤解 シカを大事に思うなら「変なエサやりをしないで」

2020年11月18日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

コロナ禍で奈良のシカが思わぬ受難です。観光客が減ったせいで「エサ不足でやせた」と、誤った情報が広がっているのです。既に奈良公園では身勝手なエサやりが横行し、逆にシカを苦しめていました。

奈良公園のシカ 実際に確かめに行くと…

1000年以上前から野生のシカがすみついているという奈良公園。その数なんと1300頭。国の天然記念物にも指定されています。そんなシカについて今、“ガリガリに痩せている”という情報がSNSで広がっています。

ツイッターなどの書き込みなどによりますと、コロナの影響でインバウンドをはじめとした観光客が減少し、鹿せんべいがもらえず「激やせした」というのです。

11月12日、取材班が奈良公園を訪れると。

(記者リポート)
「奈良公園にやってきましたが、見たところ、やせているシカはいません。」

観光客らに話を聞くと…

(4人連れの観光客)
(Qコロナの影響でシカが激やせと聞いたことはありますか?)
「インスタで見ました。」
「私もインターネットで見ました。」
「かわいそうだなと思いました。」
(Q実際に近くでシカを見てどうですか?)
「普通にかわいい。健康的で丸々としていますね。」

(観光客)
「外国人観光客が少ないと友人から聞いて、それでも、正直やせているようには見えないですね。」
1b'.jpg
やせているどころか悠々自適に草を食べ、のんびりと過ごしているようです。

エサを与える人たち

ところが…多くのシカが猛ダッシュである場所へと集まります。その先では、男性が大きな袋から何かをばらまき、シカたちは夢中でむさぼっていました。
2b.jpg
さらに、ベンチでお弁当を食べている人は、近寄ってきたシカに弁当のおかずのようなものを与えています。
2c.jpg
また、わざわざ車を止めて食パンを与える人も見られます。

今度は…コーンのようです。シカに与えていました。直接、話を聞いてみると…。

(シカにコーンを与えていた人)
「ゆっくり自分で食べようと思っていたら、シカがいっぱい寄ってきたので、ちょうど冷凍のコーンを持っていたので。」
2e.jpg
別の人は、あの噂を聞きつけてやって来たようです。

(シカにドングリを与えた人)
「(シカが)食べてないですって。コロナで全然お客さんが来なかったでしょう。だからと違いますか?(シカが)やせてガリガリでしょう。みんなが(エサを)やっているのを見て、いろんなものをやってはりますわ。」
2f.jpg
奈良公園の周囲にある猿沢池。近くの路上には…シカに与えたとみられる野菜の切れ端も見つかりました。

「シカはやせていない」…身勝手なエサやりでシカの胃からは“消化できないゴミ”が

奈良公園を管理する奈良県の担当者は「激やせ」情報について「シカはやせていない」ときっぱり否定します。

(奈良県奈良公園室 竹田博康室長)
「(Qネットでの『シカがやせている』という書き込みは事実ですか?)そんなことは全然ありません。(公園にいるシカを)見ていただいても、そんなシカはほとんどおりませんし。もう1000年以上前から当然おりますので。最近インバウンドが増えているけれども、その前はずっと、そんなことがなかったので。全然問題ないんですよ。」
3b'.jpg
シカは草食動物で主食は草や木の実です。観光客が与える鹿せんべいを食べなくても、成長に全く影響はないといいます。むしろ、鹿せんべい以外のエサを勝手に与える行為は、シカにとって有害だといいます。

(奈良県奈良公園室 竹田博康室長)
「シカをやさしく解剖したら、胃の中からこういうものが出てきたんです。」

シカの胃の中から出てきたゴミ。身勝手なエサやりで、菓子の包装紙やレジ袋などを飲み込んでしまうことが多く、胃で消化されずに溜まり、栄養失調で死ぬ危険があるといいます。
(竹田博康室長)
「病気になったシカをたまたま解剖してみると、全体のうち半数以上がこういう状態になって、大きなものだと4kgを超えるものが出てきている。非常にこれは問題であると思いますので、ぜひともそういうことがないようにしていただきたいなと思います。」
4c.jpg
シカを保護している「奈良の鹿愛護会」は、エサやりをしている人がいないか、毎日巡回して警戒しています。

(奈良の鹿愛護会 職員)
「車をここ(公園)につけて、車からシカに何かを与えているという連絡とか通報がありますね。そういったことをしている方に、シカには人間の食べ物とか鹿せんべい以外を与えないようにとお願いをしています。」


誤った情報で危険にさらされている奈良公園のシカ。『鹿がやせている』とSNS上に投稿していたアカウントに取材班が連絡をとってみると、多くは、「直接シカを見て投稿したわけではない」といいます。

夜に炊いたお米を与える人「味の無いものやからね。」

無責任な情報拡散の影響なのか、取材した日は夜になってもエサやりに訪れる人が。何か白いものを与えています。取材班、直接話を聞いてみました。

(シカにエサを与えた人)
「(Q何を与えているのですか?)炊いたお米。(Qどうして与えているのですか?)洗い米がたまるんですよ。神様のお下がりが。私一人では食べきれないから、これやったら味の無いものやからね。シカに与えているんですよ。食べてもらっているんですよ。」
5b'.jpg
余った白米をそのままシカに与えていました。シカにとって有害だと注意しましたが。

「(Q県はお米も体に悪いからやめてくださいと言っていましたが?)そうですか。それだったら人間も食べられないやんな。昼間来られるのやったら昼間来るわ、私。悪いことしているみたいに、夜こそこそ来たくないけど、昼働いているから。飢え死にまではしてへんけどね、やっぱり艶は悪いよ。(Q県はシカはやせていないと言っていますが?)やせてはいてないけど艶は悪い。しょっちゅう見ている私から見たら。」

「味が無いから問題ない」の一点張りで、全ての白米を与えると、その場を後にしました。

シカのためにも「変なエサやりをしないで」

(奈良県奈良公園室 竹田博康室長)
「シカがこれからも100年、200年、1000年と継続して奈良公園に生きていくために、みなさんでシカを大事にしたい、という思いで接していただきたいので、変なエサやりをしないでください。芝を食べて、あるいはおやつになる鹿せんべいをいただいて、それで十分生息していけますので、お間違えのないようにしていただきたいと思っています。」

多くの歌人が哀愁を感じ、歌に詠んだシカの鳴き声。令和の時代に悲鳴に変えるわけにはいきません。

(11月18日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『特集』より)

最近の記事

バックナンバー