MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

商品購入後にお客が値段を決める『あと値決め』 コロナ禍で問い合わせ激増↑そのわけは?

2020年10月28日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

新型コロナウイルスの影響でこれまで通りにモノやサービスが売れなくなった時代に、買った後でお客が値段を決められる新しいサービスが広がっています。

『あと値決め』導入したカバンメーカー 提示した価格より高く売れることも

東大阪市にあるカバンメーカー「エルグラン」。リュックサックのように背負えるなど、さまざまなタイプのエコバッグを販売し、人気を集めていますが、商品の値段は?
エルグランの林常務取締役はエコバッグの一つを手に取り、こう言います。

(エルグラン 林明大常務取締役)
「こちらの商品のお値段はお客様に決めてもらっております。」

『あと値決め』です。

客がインターネットで購入した商品が支払いの前に客の元に届きます。客は実際に商品を使った上で店側が設定した「機能性」「デザイン」などの項目をもとに、自由に値段を決めることができるのです。決まっているのは「最低価格」だけです。

新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けたアパレル業界。エコバッグで急成長したエルグランも例外ではありません。何とか自社の販売ルートを確保しようと、2020年7月に「あと値決め」を取り入れました。定価4900円のカバンを最低価格4000円で販売したところ、最高価格6300円で売れたこともあるといいます。

(エルグラン 林明大常務取締役)
「驚きしかなかったというか。こういう仕事をしていると(値段を)下げてくださいという要望はたくさんいただくんですけれども、こちらの提示した価格よりも高く買っていただけるという方というのは初めてだったので、逆に頑張らないといけないなと感じております。」

「あと値決め」開発した企業に問い合わせ激増

「あと値決め」を開発した企業「ネットプロテクションズ」によりますと、コロナ禍で問い合わせが激増しているといいます。

(ネットプロテクションズ 専光建志さん)
「8倍程度、ご利用希望の件数が増加しまして。(コロナ禍で)オンラインでのイベント開催やビジネスの形態を変えざるを得なくなった方々が、(客に)どれくらいの価値を感じてもらえるかがわからないことが、やはり多かったのが背景なようです。」

生演奏にも「あと値決め」最低価格は0円…観客は?

「あと値決め」はこんなところでも。フリーの若手音楽家らが集まるこの団体では、約1時間半のクラシックの演奏会を2000円で定期開催してきましたが、コロナで客は激減。先行きが全く見えない中、タダでもいいから一度聞きに来てほしいと最低価格を0円に設定しました。とはいえ…。

(一般社団法人Reise 長尾賢代表)
「どれくらいお客さんの反応が良かったのか悪かったのかというのが、金額でしっかり反映されて出てくるので、ダイレクトに。その分ドキドキする。」

この日は4曲を演奏して終了。生の演奏を聞いた観客は?

(観客)
「素晴らしかったです。一体感というか楽しさが感じられてよかった。」

あと値決めの項目は「満足感」「パフォーマンス」「演奏者への支援」の3つ。悩みに悩んでお客さんが付けた価格は…なんと7000円でした。

(観客)
「直接聞いた感動を金額に改めることができて、演奏者の方に伝わるんじゃないかと。感動を。それを原動力に演奏者の方も今後、羽ばたいていかれたらうれしいと思います。」
(観客)
「6500円。やっぱり応援したいという気持ちがあるから余計ですけど。自分がそこで感じた形で料金に反映できるからおもしろいかなと思います。」

結局、この日のお客は平均6000円と評価してくれたということです。

(一般社団法人Reise 長尾賢代表)
「企画そのものに対しての純粋な評価と受け止めてはいます。素晴らしい演奏をしたのできっとお客さんも満足していただけたんじゃないかなと思っています。」

最近の記事

バックナンバー