MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

生徒会が奮闘!独自の感染対策ひねり出し『学園祭』実現!模擬店代わりに"商店街が協力""校内は一方通行"

2020年09月22日(火)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

新型コロナウイルスの影響で体育祭や学園祭などの中止が相次いでいます。そんな中、生徒らが中心となって、密を避ける工夫をして学園祭の開催にこぎつけた学校がありました。

立ち上がった生徒会

大阪市内にある「大阪明星学園」。中高一貫の男子校です。今年はコロナの影響で学園祭の開催が危ぶまれましたが、“最後の思い出作りをしたい”という生徒らの声を受け、立ち上がったのが生徒会でした。
20200922_bunnkasai-000056534.jpg
(生徒会 奥山聡太会長)
「コロナの影響で、学校行事が潰れてしまったことが多々あって、制限がある中でもなんとか最高の思い出が作れる機会を一つでも増やせたらなと思って、今回の学園祭を開催できたらと思いました。」

披露の場を待ち望んでいた吹奏楽部

学園祭開催を待ち望んていたのは吹奏楽部。特別な思いがありました。コロナで今年3月から休校が続き、部活動が再開できたのは7月。集大成となるコンクールも中止となったのです。
20200922_bunnkasai-000140768.jpg
(吹奏楽部 三浦雄斗副部長)
「ちゃんとお客様にお見せするのは今回が本当に久しぶりで。12月ぶりくらいですかね。ちょっとだけ不安はありますけれど、それ以上にお客さんに色んな音楽を届けられるのが楽しみですね。」
20200922_bunnkasai-000146101.jpg
飛沫防止のため、手作りのパーティションを準備し、本番に備えました。

学園祭当日…感染症対策は?

そして、9月19日の学園祭当日。

【生徒会の奥山会長による校内放送】
「コロナウイルスの影響で例年に比べて制限の多い学園祭となりましたが、今日は思いっきり楽しみ、最高の思い出を作ってください。」
20200922_bunnkasai-000228835.jpg
今年は密を避けるための様々な工夫が。▼保護者など外部からの参加は中止で生徒のみが参加可能。▼午前と午後の2部制にして6学年・約1800人の生徒が分けられました。▼さらに校内は一方通行、と決められました。

(生徒)
「女子が来なかったのが残念だったんですけど、非常に面白かったです。」
「規模縮小してでもやってくれたのでめっちゃ嬉しいです。受験前でみんなで集まってこんなんできるのは最後の機会かなって思った。」

地元商店街が協力

今年は生徒らによる飲食の模擬店も中止となり、代わりに地元の商店街などにお願いして飲食ブースを設けました。
20200922_bunnkasai-000312368.jpg
(ライスボール店の店主)
「僕らも初めてのことだったのですごく新鮮でしたし、やる気のある子ばかりで、他の子たちを楽しませようっていう気持ちが見えてくるので。僕らもそれに参加させてもらえてよかったなって思います。」

しかし、時間が経つにつれ、一方通行を逆走する生徒が…。

(生徒会メンバーらのやり取り)
「逆走してんで、あそこ。」
「上、逆走してる。言って。」
「誰が逆走許可したん?」
「知らん。」
「わかってない。経路を全然わかってない。」

またブースに並ぶ列も密な状態に。生徒会のメンバーらがすぐに対応にあたります。 

(生徒会メンバーら)
「もっと間隔開けて並んでください。後ろもっと下がって。」

そして、学園祭の最後を飾る吹奏楽部の演奏。今年初めての発表の場です。客席も密にならないよう、2席ずつあけての観賞になりましたが…。

(吹奏楽部 三浦雄斗副部長)
「久しぶりにお客さんを目の前にして演奏できるのはすごく嬉しかったです。ですが、やはり横にシールドをつけた状態だと横の人とかと息を合わせるのが難しかったので、その点はすごくドキドキしながら演奏していました。」

『机に座ってする勉強だけではないものを』

大きなトラブルはなく学園祭は無事終了しました。
20200922_bunnkasai-000453134.jpg
(生徒会 奥山聡太会長)
「一部の生徒から本当に楽しいのか?ていう意見もいただいていたんですけど、今日を迎えて、みんな楽しそうにしてくれてる姿を見て、本当によかったですし。机に座ってする勉強だけではないものを学園祭を通じて得ることができたかなって思っています。」

コロナでカタチが変わった学園祭。しかし、特別な思い出となったようです。

最近の記事

バックナンバー