MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

"被爆者の想い"を受け継ぐ『被爆2世』の活動 原爆投下から75年...貴重な証言を後世に

2020年08月06日(木)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

2020年8月6日、広島は原爆が投下されて75年となる「原爆の日」を迎えました。被爆者が高齢化して毎年1万人近くが亡くなる中、貴重な証言を後世に残そうと京都で活動する『被爆2世』を取材しました。

8月6日の朝、広島市の平和記念公園で営まれた平和記念式典。今年は新型コロナウイルスの感染症対策のため、式典は大幅に縮小されました。

被爆者手帳を持つ人は全国に約13万人いますが、毎年1万人近く減少していて、貴重な証言を直接聞けなくなる時代が刻一刻と迫っています。そんな中、広島から遠く離れた京都で、被爆者から体験を聞き取る活動を続ける人がいます。

京都「被爆2世・3世の会」

京都「被爆2世・3世の会」の平信行さん(69)。亡くなった両親が広島で被爆した「被爆2世」です。広島で生まれ、大学進学とともに京都に移住しました。京都にいる被爆者は約850人。8年前から自宅などに出向いて体験を聞き取っています。
被爆2世カット用-000140267.jpg
「人前で話すことはそう簡単にできないとか、文章で書き残すことも難しいという方は結構多いんですよね。私はむしろそういう人の方が多いと思う。その人が亡くなっていけば、同時に消えていく埋もれていくものなので。それは非常に問題を残すなと。」(平信行さん)

父親の死後に知った『壮絶な被爆体験』

1945年8月6日、原爆は一瞬にして日常を奪いました。平さんの父親・晴雪さんは当時22歳。軍属の船員で船の上で被爆しました。原爆投下後の惨状については聞かされなかったという平さんは、父親の死後、壮絶な被爆体験を知ることになります。
被爆2世カット用-000231835.jpg
「記録的なことがないだろうかと思って、広島県に問い合わせして、被爆者健康手帳の内容の開示の手続きをしました。『4日間、広島市内の中心部に入って行って、猛火の中で死体整理作業に従事しました』と、そのことが初めてその段階でわかったんです。あまりにも凄惨な体験なので、小さい子どもたちに話すことも憚ったのではないかなと。」(平信行さん)

こうした知られざる被爆体験を後世に残そうと、平さんは聞き取りを続けています。

知られざる被爆体験を後世に

今年7月30日、5歳の時に爆心地から約1.7kmにあった家で被爆した花垣ルミさん(80)を訪ねました。

「原爆が落ちた時、地面がすっごい音で、地面がおわっと上がった。浮き上がったみたいな感じだった。」(花垣ルミさん)
被爆2世カット用-000312568.jpg
当時は偶然、幼稚園を休んで家にいたという花垣さん。箪笥の楔が頭に刺さり、血だらけで家族と逃げ、家族全員命は助かりましたが、幼稚園にいた園児24人と先生は全員亡くなりました。

「ものすごい臭いでふっと気がついてぼおっと見たら、10m先のところにいっぱい木を重ねて、体の部分だけとか頭だけとかのっけて燃やしている。なんであんなことするのか訳わからなくて。母が『見ちゃだめ』と目隠ししてくれたけど間に合わなくて、その時に意識が無くなって、記憶が無くなった。それから58年間、当時の記憶が無いの。」(花垣ルミさん)

親戚を頼って京都に引っ越した後も、消えた記憶を思い出すことはありませんでしたが、63歳の時に広島の被爆者慰霊式典に参加したことがきっかけで、徐々に記憶が戻りました。今では大学や学校で戦争の悲惨さを伝えています。

「同じ幼稚園の子が全員死んでしまったんだよっていう話。戦争がなかったらそんなことない。その子が伝えることもなんにもなく、お母さんにも会うこともなく焼け死んだということ、それは伝わる。子どもには伝わる。戦争なんてしちゃいけないの。本当にしちゃいけない。」(花垣ルミさん)

平さんたちが話を聞いてきた被爆者の数は80人。そのうち50人の体験をまとめた本『語り継ぐヒロシマ・ナガサキの心(上巻)』が今年7月に出版されました。

「(被爆者の皆さんが)最後に語られることで一番多いのが、『もう二度と絶対あんな戦争はしてほしくない』と。私たちがそれを全て知るのは不可能だとしても、できるだけたくさんの人の話を聞くことで、これが被爆の実態なんだということを理解していくことになるんじゃないかなと思っていまして、そういう意味では80人で決して満足できるようなことではまだまだないだろうと思っています。少なくとも目標としてはあと20人の話は聞いていきたい。」(平信行さん)

最近の記事

バックナンバー