MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

誤標示で15年間『右折のみ』...が本当は『直進OK』!?警察も誰も気付かず違反切符も

2020年07月21日(火)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

交差点の路面の標示が15年にわたって誤っていたという問題です。場所は兵庫県加古川市の交差点。誤って違反切符を切られた人もいたということです。

標示の間違いがわかったのはJR加古川駅の南側で、加古川市加古川町寺家町の県道にある「小門口南交差点」です。この交差点、三車線の右端が『右折のみ』という標示になっていますが、実は15年間にわたって標示を間違えていて、『直進できる』ことがわかりました。

確認すると確かに右端の車線の路面には『右折のみ』の矢印があります。さらに『右折のみ』の矢印の手前には、『7時から21時までは右折も禁止』とする標示も書かれいて、この車線に入ったドライバーは、その時間内は右折すら出来ない状況となっていました。

こうした中、今年7月、標示に疑問をもったドライバーから「直進はできないのか」との問い合わせが兵庫県警にあり、兵庫県警が調べたところ、この道路は県公安委員会が2004年に「直進と右折が可能」との内容で承認していたことがわかったのです。標示は約15年間にわたり誤っていたとみられ、違反切符を切られた人もいたといいます。

この状況に市民は…

「そんな間違いされたら困るな。それ通りに行きますよね、路面に書いてある通り。」(地元住民)
「そんなん全然気づかなかった。しっかりしてもらわないかんいうとこやね。」(地元住民)
(Q違反切符を知られた人もいるが?)
「そりゃ気の毒やね。間違いはさっさと直して頂いたら一番いいですよね。」(地元住民)

さらに、今回の問題の発覚を受けて兵庫県警が調べたところ、JR東加古川駅前の交差点でも誤った標示が確認されました。2つの交差点では、これまでに合わせて3件の違反切符が切られていたこともわかりました。

兵庫県警は現在、他にも県内で路面標示などに誤りがないか確認を進めていて、今後、徴収した反則金については返還すると共に、違反点数を取り消し、誤った標示の修正をするとしています。

最近の記事

バックナンバー