MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

京アニ事件発生から10か月...変わらぬ『遺族の想い』そして異例対応続く青葉容疑者の現状と今後の捜査は?

2020年05月27日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

事件発生から10か月余り。事件は大きな局面を迎えました。京都アニメーションのスタジオが放火され、36人が死亡・33人が重軽傷を負った事件で、警察は殺人などの容疑で青葉真司容疑者を逮捕しました。

5月27日朝、京都市内の病院の一室で逮捕状が執行された青葉真司容疑者(42)。ストレッチャーに乗せられたまま捜査本部がある伏見警察署に移送されました。
2.jpg
顔には火傷で負った傷が残る青葉容疑者ですが、意識はしっかりとした状態で警察署に入りました。
3.jpg
「本日午前7時18分、青葉真司容疑者(42)を通常逮捕しました。」(京都府警の会見 5月27日午前11時過ぎ)

京都府警は5月27日午前11時過ぎから会見を開き、青葉容疑者が「間違いありません」と容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」などと供述していることを明らかにしました。

事件発生は2019年7月18日

去年7月、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオが放火され、社員ら36人が死亡、33人が重軽傷を負いました。5月27日現在も重傷を負った1人が入院しています。
6.jpg5.jpg
第1スタジオの1階でガソリンをまいて火をつけ、その後、逃走したとされる青葉容疑者。事件直後に身柄が確保されましたが、重度のやけどを負っていたため、逮捕は見送られました。
7.jpg
事件現場では、事件の直後から京アニ作品のファンらが訪れ、設置された献花台には連日行列ができました。

「言葉にはできないですね。何人が犠牲になったとか、ケガした人が何人いたとかではなくて、こういう事件があったこと自体が悲しいことだと思う。」(去年7月取材)

第一線で活躍していたクリエイターたち

京都アニメーションで“色付け”などを担当していた津田幸恵さん(当時41)。第1スタジオの2階にいて犠牲になりました。容疑者が逮捕されたこと受け、父親の伸一さんが取材に応じてくれました。
9.jpg
「今日かと思ったくらいでね。それだけですけどね。あっという間に過ぎてしまって。改めて考えたところで何も変わるわけじゃない。動機がどうであれ、幸恵が受けたことは変わらないので。」(津田幸恵さんの父親・津田伸一さん 5月27日)
10.jpg
京アニ作品は、繊細な絵や高い表現力でファンを魅了していますが、数々の人気作品で登場人物の背景の色を決める“色彩設計”を担当していたのが石田奈央美さん(当時49)でした。母親は今も娘の死を受け入れられないと話します。
11.jpg
「落ち着いたらいろんなことを思い出します。涙が出てきます。頭では亡くなったとわかってるんやけど、やっぱりそうして、ふと思うことがあります。奈央美の電話にはかけてるわ、私は何回も何回も。呼び出しの音ばっかりかかってるけど。」(石田奈央美さんの母親 5月27日)

事件で犠牲になったのは日本のアニメ界の第一線で活躍していたクリエイターたちでした。

京アニと青葉容疑者の接点とは?

京都アニメーションと青葉容疑者との接点は何だったのか?取材班はこれまで、青葉容疑者が生まれ育った埼玉県などで取材を続けました。

「青葉容疑者は高校を卒業後、こちらのアパートで1人暮らしを始めましたが、その後、仕事や私生活について悩み始め、職を転々としていったといいます。」(記者リポート)
14.jpg
青葉容疑者は埼玉県浦和市で生まれ、9歳の時に両親が離婚。21歳の時に父親が亡くなりました。父親の遺骨が納められている茨城県の寺を訪ねると…。

「青葉家の親戚の方から依頼を受けて、ここに埋葬したという経緯がございます。青葉真司容疑者は知らないです。」(住職 今年1月取材)
16.jpg
そして、茨城県内で青葉容疑者を知る男性に話を聞くことができました。青葉容疑者とは約8年前に知り合い、今後の夢についても話していたといいます。

「(家族関係が)あまり良くなかったようですね。争いごとが多かったんじゃないのかな。数年前から小説を書いているとは言っていました。歴史小説みたいだった。出版社にも出す出さないとか言っていた。(Q小説を書くきっかけは?)それは聞いていませんね。」(8年前の青葉容疑者を知る人 去年8月取材)

逮捕前の任意聴取に対して「自分の小説を盗まれた」などと話したという青葉容疑者。京都アニメーションが過去に小説を公募した際に、青葉容疑者と同姓同名の人物が小説を応募し、落選していたことがわかっていて、こうしたことが犯行の動機になった可能性もあります。

事件発生から約10か月

京都アニメーションの第1スタジオは、去年11月から解体作業が進められ、今年4月には建物があった場所は更地になりました。

事件後、京アニ作品はすでに編集を終えていた1作品以外は全て上映の予定が延期され、今も公開の目処は立っていません。
20.jpg
『らき☆すた』や『涼宮ハルヒの憂鬱』など、京アニを代表する作品の監督を務めていた武本康弘さん(当時47)。第1スタジオの3階にいたところ、事件に巻き込まれました。
21.jpg22.jpg
武本さんらが手がけた作品のモデルや舞台となった町にはファンが押し寄せるようになり、いわゆる「聖地巡礼」という現象が生まれました。
23.jpg
青葉容疑者の逮捕を受けて取材に応じてくれた武本さんの父親は…。

「(事件から)10か月過ぎたから癒されるということではないけどね。かえって犯人に対する思いは前より。なぜこんなことをしたのか、それがまず一番知りたい。」(武本康弘さんの父親 5月27日)

今後の捜査の行方は?

事件発生から10か月余りの間、青葉容疑者には自身の皮膚組織を移植する手術が10回以上施されるなど高度な治療が続けられました。現在会話はスムーズにできているということですが、食事や排せつは自力で行うことができず、看護師の介助が必要な状態だということです。治療中の様子を捜査関係者はこう話しています。

「体重は120kgから80kgほどに落ちた。自分で会話することもできるようになった。医療関係者に感謝の言葉を話すこともあれば、“どうせ死刑になる”などとも話している。」(捜査関係者)
25.jpg
5月27日は、体調を考慮して警察署内で京都地検の勾留手続きが行われ、その後、青葉容疑者の身柄は医療設備が整った大阪拘置所に移されました。

通常、拘置所は常勤の医師が1人~3人ほどですが、大阪拘置所には医師が9人常駐していて、手厚い体制がとられています。捜査関係者によりますと、大阪拘置所は関西で一番の医療体制が整っていて、拘置所内の医師が、入院していた病院と同程度の治療を継続。看護師による介護も行いながら、京都府警の捜査員が大阪拘置所に通う形で、自力歩行や長時間座ることも出来ない青葉容疑者をリクライニングベッド上で取り調べていくとみられています。
26.jpg
異例の手続きが取られる今回の事件。今後の取り調べについて専門家は…。

「(警察や検察は)なるべく早く事情を聞いてしまいたい。病気で苦しむ容疑者から得られた説明を証拠に使う、そんな離れ業は出来ないです。納得できる取り調べを今きちんとやっているという姿勢を京都府警が示せるかどうかなんですよ。刑事司法のあり方が問われている事件だと思います。」(甲南大学法科大学院教授 渡辺ぎしゅう弁護士)

重度の火傷を負った容疑者への取り調べで事件の全容はどこまで解明されるのか。今後の捜査の行方が注目されます。

最近の記事

バックナンバー