MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

男性が99.3%!京都市消防の『新人女性隊員』に注目 過酷な仕事を志したワケは?

2020年03月25日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

京都市の消防隊員は、男性消防隊員が99.3%、女性消防隊員はたった0.7%だといいます。そんな中で、厳しい訓練に励む、“19歳の新人女性隊員”の一日を取材しました。

中京消防署では“たった1人”の女性消防隊員

京都・中京区にある京都市中京消防署を訪れたMBS取材班。中京消防署は四条河原町や先斗町など多くの観光客が訪れる京都の中心地を管轄しています。
2.jpg
ここに勤務する中京第1消防隊・堀川千嘉さん(19)。去年10月に消防学校を卒業したばかりの身長158cm、新米隊員です。

 (取材班)「中京消防署には堀川さん以外に女性の消防隊員はいる?」
(堀川さん)「私だけです。男性ばかりで頑張っています。」

実は京都市で、女性が消防隊員になれる制度が出来たのは2016年。そのため、消防職員1780人のうち、女性の消防隊員はわずか12人で、全体の0.7%しかいないのです。そんな男性が多い過酷な仕事なのに、なぜ女性が消防隊員をしているのか、新米女性消防隊員に密着しました。

大きな声で機材の点検から 消防隊員の1日がスタート!

堀川さんが出勤する時間は午前7時30分。最初の仕事は交替点検と呼ばれる引き継ぎ式。実は、消防隊員の勤務時間は24時間体制で、1週間のスケジュールは、丸1日勤務して、2日間休日というサイクルです。ここで前日に勤務していた消防隊員と向き合い、業務を引き継ぎ交替します。
4(1).jpg
交替点検を終えると、堀川さんは足早に消防車両の後方へ向かいます。

(堀川さん)「ブレーキよし!赤色灯よし!」
5.jpg
大きな声を出し、いつ入るかわからない出動要請に備え、不備が無いようホースなどの機材や車両の点検を行います。

 (取材班)「これを皆さん、使うんですよね。1つのミスも許されないですね。」
(堀川さん)「そういうことです。不安が…。」
 (取材班)「慣れてきましたか?」
(堀川さん)「慣れて気を抜いた時に不備事項は出てきやすいので、常に気を引き締めて行います。」
6.jpg
配属されて、わずか5か月の新人隊員。だからといって、チーム全員の命を守る機材の点検には少しのミスも許されません。とはいえ、覚えなければいけない用語も多いようです。「三連はしご」と呼ばれる機材の点検中…

(堀川さん)「…」
(先輩隊員)「結着解除」
(堀川さん)「結着解除」

掛け声が思い出せず先輩にフォローしてもらっていました。
7.jpg
ただ堀川さん、普段は失敗する事は少ないそうです。

(先輩隊員)「カメラ回っているから緊張してるみたい。」
 (取材班)「緊張している?」
(堀川さん)「緊張しています。」
 (取材班)「普段は失敗しない?今日はなぜ失敗?」
(堀川さん)「カメラがあったからです。意識はしていますね、マイクもあるので。」

本番さながらの「火災想定訓練」

午前9時半過ぎ。食堂でスケジュール確認のミーティングをします。それが終わると…堀川さんが「今から一番キツくて気合が入る」と話す『火災想定訓練』が始まります。消防隊は災害現場の最前線で消火活動や人命救助を行う精鋭部隊。訓練でも本番と同様、防火衣やボンベなどフル装備を身につけて行います。

 (取材班)「この装備、どれくらい重さがあるのですか?」
(堀川さん)「20kgですね。空気呼吸器が10kgあります。背が小さいので、背負うだけで大きく見えるので、大変ですね。」
9.jpg
今回は特別に、この20kgもの装備を、訓練の前に取材班の男性スタッフが装着させていただきました。消火活動には欠かせないホースも合わせると28kg。しかし…

 (取材班)「ちょっと待って。これ凄い。全然無理や。」
(堀川さん)「これ担いで階段を上ります。」
 (取材班)「僕でも全然無理です。」
(堀川さん)「キツイ時は声を出して頑張ります。」

11.jpg
そしてこの日は火災現場を想定した訓練が行われました。消火活動に加え、建物内に残された人を救助するというものです。堀川さんが所属する中京第1消防隊は、消火活動と合わせて救助活動も行う兼任救助隊。そのため特に一人一人にかかる負担は大きいのです。
14.jpg
訓練後、先輩隊員からアドバイスをもらっていました。

(消防司令長・河村純さん)「〇〇救急隊〇〇搬送まで言わんとあかん。引き継ぎは伝えなあかんから。」
(中京第1消防隊隊長・片木康晴さん)「ちょっとホース送りが良くなかったな。ホースをここら辺から掴んで、前に行く、自分が。手だけでやっても全然ホースを送られへん。」
15.jpg
約2時間、休憩無しで続けられる訓練ですが、「早く一人前になりたい」そんな思いで、堀川さんは決して弱音を吐くことはありません。堀川さんのことを先輩達はどう思っているのでしょうか?
16.jpg
(先輩隊員)「火災現場だけでなく、対外的な市民との対応があるので、その辺の対応は長けている。」
(先輩隊員)「男だけだと女性が一人いるのでは全然違いますね。和やかになるというか、怒る先輩も怒らなくなって、ちょっと助けられている所はありますね。」

特盛弁当でエネルギーチャージ

午後0時過ぎ。なにやら嬉しそうな顔の堀川さん。

(堀川さん)「お昼ごはんです。」
 (取材班)「むちゃくちゃ笑顔ですね。」
(堀川さん)「楽しいです。」
18(1).jpg
カバンからお弁当箱が2つ出てきました。

 (取材班)「こんなに食べるんですか?」
(堀川さん)「これは昼と夜の分です。」

1日の楽しみだという昼食の時間。昼用と夜用のお弁当は、お母さんに教えてもらったレシピでの手作りです。

(先輩隊員)「特盛やん。」
(堀川さん)「じゃないとお腹が減ります。」
20.jpg
実は、市内の有名進学校を卒業した堀川さん。大学へは進まず、消防士の道に進んだことを両親はどう思っているのでしょうか?

(堀川さん)「お父さんも消防士なんですけど、やっぱり反対されて、危険な仕事ですし。お父さんが一番身をもって感じているので、凄く反対されました。」
 (取材班)「今も心配していますか?」
(堀川さん)「消防士になった時からは、『楽しみにしてるわ』って言ってくれて、一番いい味方ではあります。」

街の飲食店の消火器の位置確認

午後1時30分。堀川さんのチームが向かったのは、新京極にある飲食店「いっ福cafe」でした。

(堀川さん)「今日は消火器の位置などを確認させていただきたいので、もし良ければ中を見させてもらいたいのですが大丈夫ですか?」
21(1).jpg
火災現場だけではなく、飲食店を1軒ずつ周り立ち入り検査を行うのも消防隊員の大事な仕事なのです。

(飲食店スタッフ)「物腰も優しいですし、安心できると思います。」
(飲食店スタッフ)「男性は堅い方が多いんですよ。女性だとカドが取れた話しやすい雰囲気は持っているので話しやすいですね。」
23.jpg
するとここで、出動指令が入りました。現場の空気が一変します。堀川さんのチームも現場へ急行します。

到着すると現場には既に消防隊と救急隊、さらにレスキュー隊も到着していました。現場は7階建てマンションの最上階。鍵がかかった部屋で住人が意識不明で倒れているということです。訓練ではない、一刻を争う事態に緊張が走ります。出動から30分後、住人を無事に救出。堀川さんもようやく現場から出てきました。

少しでも早く1人前と認めてもらうため空き時間に訓練の復習

日も落ちた午後8時40分、消防署の1階ガレージには1人で何かの作業をする堀川さんの姿がありました。

 (取材班)「今何しているのですか?」
(堀川さん)「今は昼にやった訓練の復習をしています。」
 (取材班)「なぜ1人でしているのですか?」
(堀川さん)「女子やからできないのかっていうのを感じて欲しくないっていうのはありますし、自分でも出来るというのを(先輩に)見せつけたいと思って訓練しています。」
26.jpg
少しでも早く1人前と認めてもらうため、空き時間に訓練の復習をしているのです。それだけでなく、休日も関係なく10kmのランニングをするなど、トレーニングは欠かしません。堀川さんはなぜ、過酷な仕事なのに、消防隊員を目指したのでしょうか。
27.jpg
 (堀川さん)「昔から人に好かれたいという思いがあって、人に好かれる仕事ってなんだろうと考えていた時に、消防士って人を助けて人を喜ばせて市民の方に愛される。こんな誇りを持てる仕事って、本当に無いのかなと感じますし、トキメキを感じて消防職員になりたいと思いました。」

街の人に安全と笑顔を届け、こんなに愛される仕事は他には無い。そのためならどんなにキツイ訓練でも堀川さんは耐えられるのだそうです。密着取材の日、消防隊の出動は1件でした。

「市民の方に安心してもらえる消防隊員になりたい」

翌朝午前6時30分。24時間勤務の最後は、これから使うチームのために車両や機材の清掃です。
29.jpg
最後に1つ、今後どのような消防隊員になりたいか聞いてみました。

(堀川さん)「(街の人に)喜ばれるために、女性だからこそできる仕事をしていきたいです。経験をたくさん積んで、たくさんの人に教えてもらって、市民の方に安心してもらえる消防隊員になりたいと思います。」

笑顔で市民に寄り添い、愛される女性消防隊員として、さらなる高みを目指していきます。

(3月25日放送 MBSテレビ「ミント!」内『ナゼトキ』より)

最近の記事

バックナンバー