MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

『テレワーク』実施予定は約7割!?関連グッズやコワーキングスペースに注目...自宅でできる"トレーニング"も

2020年03月20日(金)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、よく耳にするようになった『テレワーク』。「テレ」とは「離れた」という意味で、出社せずに自宅や出先など離れた場所で仕事をする働き方のことです。経団連の調査では、新型コロナウイルスの対応としてテレワークを「実施」もしくは「実施予定」と答えた企業は68.6%に上っています。注目されるテレワークの最新事情に迫りました。

家電量販店は専用の売り場を新設

新型コロナウイルスの影響で、3月に入ってからは大手企業を中心に続々とテレワークへの切り替えを発表。こうした動きを受け、今好調なのが「テレワークグッズ」です。ビックカメラなんば店(大阪・中央区)では、3月からテレワークグッズ専用の売り場を新設し、問い合わせも増えていると言います。
3.jpg
「今までは、ご出勤されて事務所やお勤め先の方でパソコンを使って、またはパソコン以外のデスクワークをされていたお客様の方も、『なるほどそういったお仕事のやり方があるのか』ということで。」(ビックカメラなんば店 松井弦太郎さん)
4.jpg
テレワークグッズには様々なものがあります。例えば、イヤホンとマイクが1つになったヘッドセット。自宅などでも高音質で会議ができる上、両手が空くため作業効率が上がるといいます。

また、職場の外で作業する場合はセキュリティーも課題の1つとなりますが、パソコン画面に貼ると、横の角度からは画面が見えなくなる「のぞき見防止フィルム」も販売されています。こうしたアイテムを活用してテレワークを始める人達が増えているのです。

まるでカフェのような“働く場所”

新型コロナウイルスの影響で働く場所も多様化しています。玉巻映美アナウンサーが訪れたのは大阪メトロ・東梅田駅のすぐ近くのコワーキング施設「ONthe UMEDA」。スペースを共有して働く場所で、Wi-Fiやコンセントが完備されるなど、テレワークに最適な環境が整っています。料金は10分あたり100円(月会費3000円)です。「ONthe UMEDA」の島村瑞穂さんに案内して頂きました。
9.jpg
(玉巻アナ)「こちらはカフェのようなスペースですね。」
(島村さん)「まさにカフェで、ハイチェアを沢山置いているんです。最近、立って仕事がしたいという方がちょこちょこいらっしゃるので、そういう方用にわざとイスを1個抜いてるんです。」
10.jpg
その日の気分や仕事の内容に合わせて好みの席を選べます。さらに、仮眠室で休憩できたり、ドリンクも自由に楽しめたりするなど、まさに至れり尽くせりな空間です。
12.jpg
利用者に話を聞いてみると…

    (玉巻アナ)「在宅ワークという選択肢もあると思うが、いかがですか?」
(Webデザイナー)「家だと色々誘惑するものが多いので、どうしてもこういう場所に来ないと、集中して仕事するにはこういう場所が一番いいかなと思っています。」
   (コンサル業)「カフェだとやっぱりビジネスというような環境が整っていないというか、お客様を呼ぶことができなかったりとか、コピー機が無かったりとかしますので。」
テレワーク1.jpg
以前はフリーランスで働く人など限られた職種の人達の利用が多かった「コワーキングスペース」。しかし、経団連の調査では、今回の新型コロナウイルスの影響で、テレワークを実施・または実施を予定している企業は約7割に上っていて、この施設でも最近では一般の会社員の利用が目立つようになったと話します。
11.jpg
「この新型コロナウイルスをきっかけに、働き方や過ごし方っていうのを皆さんが見直されると思うんですね。これは私達にとっては追い風だという風に考えております。」(ONthe UMEDA 島村瑞穂さん)

外出減って運動不足…そこで室内トレーニング

もちろん、自宅でテレワークを実践する人もいます。玉巻アナウンサーは、大阪市内のコンサルティング企業で働く前嶋隆志さんの自宅を訪れました。前嶋さんの会社でも3月3日から全社員が原則テレワークになっています。近くで2歳の息子と奥さんが遊ぶ中、前嶋さんはパソコンを使い、リビングで打ち合わせです。テレワークにも徐々に慣れてきたという前嶋さんですが、在宅勤務ならではのこんな悩みも…

「外出がかなり減ったので、かなり運動不足というか。」(前嶋隆志さん)
26.jpg
そんな前嶋さんは運動不足解消にと、トレーニングジム大手「RIZAP」が3月から無料で公開している動画を見てトレーニングを始めました。動画ではテレワークを始めた人達のために親子でできるトレーニングなどを紹介しています。

「SNSのツールを使ってテレワークを推奨されている企業様も多いということで、運動不足を解消してみようかなと思うきっかけになればいいなと思います。」(RIZAP 赤木晴香さん)
27.jpg
運動不足の前嶋さん、動画を見ながら息子と一緒にトレーニングを行います。

(玉巻アナ)「RIZAPの運動動画はいかがでしたか?」
(前嶋さん)「親子のものは凄く良かったですね。スペースも特に必要ないですし。」

コロナウイルスの感染拡大と共に注目され出したテレワークですが、環境作りが進めば新しい働き方が定着していくかもしれません。

最近の記事

バックナンバー