MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

特集記事

【特集】一斉休校で奮闘する"じいじとばあば" 勉強にバドミントン?!週の半分孫を預かる家庭の1日

2020年03月20日(金)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

新型コロナウイルスの感染防止のための一斉休校が続いていますが、祖父母の家で孫を預かっているという家庭も多いのではないでしょうか。現在、週の半分は2人の孫を預かっているという祖父母の1日を取材しました。

大阪・東住吉区に住む富岡文子さん(72)と正一さん(76)。朝早くから、2人の孫の流道君(10)と流華ちゃん(8)が、母・弥生さんに連れられて富岡さんの自宅を訪れました。両親が共働きのため、休校となった3月2日以降、週の半分は富岡さん夫婦が預かっています。

まずはお勉強の時間です。文子さんが用意した「国語」と「算数」のドリルを、流道君と流華ちゃんはこたつで黙々と解いていきます。

「2年生のは分かるんですよ。4年生のは答えが分からない時は、やっぱり(ドリルの答えを)見ます。『これはどうして解くんやろ』ってものがあるんですよ。」(文子さん)

勉強は1時間ほどで終了し、今度は祖父の正一さんと一緒に金魚の水槽を掃除します。
@.jpg
息つく暇もなく、昼食、そしておやつのバナナケーキも、孫達が一緒に作ります。昼食はホットプレートで作った焼きそばでした。こたつを囲んで4人でお昼ごはんです。
4.jpg
文子さんらは慌ただしくも、孫達と過ごす時間はかけがえのないものだといいます。

「普段よりはこっちに来るのが多くなるかなという感じで、休校と言われた時は思いました。」(文子さん)
「日々何もないので、来てくれた方が刺激があって。もう慣れていますからね。別に苦にはならないです。」(正一さん)

どこか余裕すら感じさせます。

ご飯を食べて元気が出た孫の流道君を相手に、正一さんは外でバドミントン対決です。しかし、約15分後…

「もうええか。もうダウン。疲れたやろ、(流道君)汗だくや。休憩しよ、汗拭こう。」(正一さん)

76歳の正一さん、ギブアップです。

家に帰ると、正一さんは今度は、流華ちゃんのお絵描きタイムを見守ります。

「じーちゃん、“エビちゃん”ってどんなんか見せたろか。エビちゃん、こんなんやったよ。」(流華ちゃん)
「そんなちっちゃい?」(正一さん)

午後2時半。今度はお友達がやってきました。みんなで机で卓球を始めた、その時。
8'.jpg
「あ~…。はぁ~…。」(正一さん)

正一さんはこたつで横になり休憩です。

午後5時過ぎ、仕事を終えた母・弥生さんが2人を迎えに来ました。

「帰る用意して帰ろう。おじいちゃん、おばあちゃんも疲れてるから。」(母・弥生さん)

いつも2人を預かってくれる両親には頭が上がりません。

「やっぱり負担も大きいのは分かっていたし、どうしようかなというのが一番ですし。子どもも『できたら留守番』って(学校で)聞いてきたみたいで、色々悩んだんですが。いつも助けて頂いてありがとうございます、です。」(母・弥生さん)
10.jpg
可愛い孫達と過ごす日々。ですがやはり、疲れは隠せません。

「今日は疲れました。最後のバドミントンが効きました。あれで足腰が。」(正一さん)
(Qコロナの騒ぎが終わったらゆっくりしたい?)
「ゆっくりね。温泉でも行きたいなって思っています。 」(文子さん)

最近の記事

バックナンバー