MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

「1日限定」で廃校の小学校を開放...思い出に浸る卒業生 備品も持ち帰る

2020年02月24日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

少子化を背景に全国で公立学校の統廃合が相次ぐ中、閉校した滋賀県甲賀市の小学校が2月22日、「1日限定」で卒業生らに開放されました。

「1日限定」で開放されたのは、3年前に閉校した甲賀市立山内小学校です。この日、学校には卒業生らが訪れました。図書室の本を手に取った女性は…

「図書カード借りた後に名前を書くんですけど、自分が借りた記録があります。5年生の時で、返却予定日を過ぎて返していますね。期日を守れていません。」(卒業生)
cc.jpg
山内小学校は1873年に創立、今の校舎は40年前に完成しました。一方、児童数は、1944年の338人をピークに減り続け、閉校した2017年はたった24人になりました。

卒業生の鈴木ヨシ子さん(79)は、この学校で職員としても働いていました。

Qお子さんもこの学校を卒業?
「そうです、2人とも。(思い出は)いっぱいありますわ。なくなったらさびしいです。」(卒業生 鈴木ヨシ子さん)

鈴木さんの子ども2人も山内小学校の卒業生。思い出の校舎との別れを惜しみました。この日は、学校の備品が無償提供され、訪れた卒業生らは思い出の品を持ち帰りました。そして、鈴木さんが持ち帰ったものは、教室で児童が座るイスです。

「記念にもらったのと、家で畑の野菜を揃えるのに使わせてもらおうかなと思って。」(卒業生 鈴木ヨシ子さん)

山内小学校は今後、ヒラメなどの養殖場に再利用されるということです。

最近の記事

バックナンバー