MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

ローカル鉄道で「QRコード決済」...沿線エリアのバスやケーブルカーも乗れる!その狙いは?

2020年02月10日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

京都府北部などを走る京都丹後鉄道の沿線エリアで、QRコードひとつで列車にもバスにも乗れるアプリの実証実験が始まりました。なぜ今、ローカル鉄道でQR決済なのでしょうか。

京都丹後鉄道で実証実験

兵庫県や京都府の北部を走る京都丹後鉄道。1両編成のワンマン列車は、地元住民の交通手段として親しまれています。そんなローカル鉄道で2月10日から行われているのが、「QRコード決済」の実証実験です。

「専用アプリにクレジットカード情報を登録しておき、駅の改札口に置いてある読み取り機にQRコードをかざすと、切符を買わずに列車に乗ることができます。」(記者リポート)
2.jpg
実証実験には、京都丹後鉄道と沿線の自治体や交通事業者が参加。専用のアプリを登録するだけで、列車やバス、ケーブルカーといったエリア内の複数の交通機関を利用できます。

「降りる際には駅でもう一度QRコードをかざすと、乗車した区間の運賃が決済されます。」(記者リポート)

観光客の増加を期待!

ただ、ICカードに比べて導入コストが低いとはいえ、複数の交通機関を跨いで利用できる点ではICカードと同じ。日本初というこの実証実験ですが、その狙いは一体何なのでしょうか。

「特にインバウンド、並びに観光客の方が使うことで、非常に分かりやすく、簡単に乗り継ぎをして頂ける。そうやってこちらに来て頂くのが狙いです。」(京都丹後鉄道を運営するウィラートレインズ 寒竹聖一社長)
01.jpg
狙いの一つは観光客の取り込みです。今後は、交通機関の利用だけでなく、観光スポットの検索から幅広いアクティビティの予約・決済までを完結できるようにするというこのアプリ。登録さえすればすぐに利用できるので、外国人観光客にとって煩わしい小銭のやり取りもなくなり、QRコード決済が普及する中国からの観光客の増加なども期待されています。実際にエリア内の交通機関を利用する人は…

「旅行で来ていると、どういう風にどこまで買ったら良いのか分からないので、こういうのがあると便利ですね。」(東京から訪れた人)

一方、地元の人は…

「こういうのを使いこなせる人には便利でしょうけど、私は昔の人間なので、現金で払う方が簡単で良いと思います。」(地元の人)

データを収集して公共交通機関の維持に

さらに、過疎化が進むこの地域で行うことにも大きな意味があるといいます。

「(収集した)データを使うことによって、地方の公共交通手段の空白地域というのがどこなのか、そこにどういった移動が便利なのか、新たな移動手段を創造していくための大きな基盤になると思っています。」(京都丹後鉄道を運営するウィラートレインズ 寒竹聖一社長)

利用者の移動パターンなどのデータを収集し、それをもとに設備投資やダイヤの効率化を行うことで、存続が危ぶまれる公共交通の維持などに繋げたいというのです。この実証実験は3月末まで行われ、ICカードとの利便性の差などを検証することにしています。

最近の記事

バックナンバー