MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

【特集その後】ごみ業者が『産業廃棄物』を『一般廃棄物』として不正処理疑惑...松井市長が徹底調査を指示

2019年11月29日(金)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

大阪市に拠点を置くごみ処理業者が、『産業廃棄物』を一般家庭などから出る『一般廃棄物』として処理施設に持ち込んでいる疑惑に対し、松井市長は「完全なるルール違反なので徹底的に調査したい」と話しました。

今年6月の取材時、大阪府高石市の“引っ越し会社”でごみを積み込んでいた問題の業者。その後、向かった先は大阪市の『一般廃棄物』のごみ処理施設でした。

ごみを出した引っ越し会社は取材に「業者には“産業廃棄物”を引き取ってもらっている」とし、1kgあたり40円を業者に支払っていました。大阪市では業者が負担する一般廃棄物の処理費用は1kgあたり9円で、業者は1kgあたりの差額を儲けとしている疑惑が浮上したのです。

11月18日、業者の社長を直撃取材すると…

(記者)「大阪市外の産廃を大阪市のごみ処理場で処理していますよね?」
(社長)「知らないですけど。」
(記者)「あなた経営者ですよね。なぜ知らないんですか?」
(社長)「知らんって言うてんねん。」

問題は、不正に持ち込まれたごみの処理費用の一部は“税金”で賄われていることです。業者の疑惑に対し、大阪市の松井市長は…

「もしそのような疑惑があるのなら、それは完全なるルール違反なので、徹底的に調査をするように環境局にも指示をしています。業者に賠償させます、そういうことになれば。」(大阪市 松井一郎市長)

大阪市では処理施設での搬入物検査を年間のべ約2万台を対象に実施しています。その中で市が業者の不正を黙認していたのではないかと問われると…

「職員が恣意的にそういう対応をしたのなら大問題なので、そこも含めて調査します。」(大阪市 松井一郎市長)

最近の記事

バックナンバー