MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

「ニックネーム」で"労働環境改善"に"業績アップ"!?役職も年齢も関係なく「あだ名」で呼び合う会社に行ってみた

2019年11月19日(火)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

人手不足にハラスメント対策と、今企業が抱える課題は数多くありますが、ユニークな方法を取り入れて社内の空気を変えた会社があります。役職も年齢も関係なくお互いを「ニックネーム」で呼びあうという試みです。

サミー モッティ ジェシー… 名前は「ニックネーム」で呼び合う会社

(従業員)「サミー。1番モリ―からお電話です。」
(従業員)「モッティごめん。お願いします。」

サミーにモッティ。外国人のような名前が飛び交いますが、ここはまぎれもなく大阪府八尾市にある金属加工業「友安製作所」です。1963年に創業し、カーテンや壁紙などの製造・販売を手掛けています。従業員は90人。年商は約13億円です。MBSの西靖アナウンサーが取材しました。

(西アナ)「なんというお名前ですか?」
(従業員)「ジェシーと申します。」
(従業員)「プッシュです。」
(従業員)「シギ―といいます。」

社内でのルールは「ニックネーム」で呼び合うこと。「ニックネーム」は入社後に自分で決めます。もともと使っていたニックネームは禁止で、ジェシーの場合は?

(ジェシー)「私の場合は母に意見を聞いたんですよ。名づけの親にもう一度名付けてもらった。」

ほかにも…

(従業員)「ジーンです。(Qジーンという名前はどこから?)おじいさんなんで…」

「さん」付けも「役職」で呼ぶのも禁止! 仕掛人は社長の「ボス」

この「ニックネーム制度」の仕掛人は、3代目社長の友安啓則さん(40)。「ボス」と呼ばれています。

「ちょうど2、3年前から急激に従業員が増えきて、コミュニケーションが難しくなってきたときがあって。」(友安製作所・社長 ボス(友安啓則さん))

高校から10年間、アメリカに留学していたボス。そのときの経験から上司と部下の風通しをよくするためには『名前の呼び方が重要だ』と考えたといいます。

「自分がアメリカにいた時に、自分の上司でも『スティーブ』って呼んでたなとか思ったときに、いいなと思ったので。」(友安製作所・社長 ボス(友安啓則さん))
あだ名 先輩.jpg
「さん」付けも「社長」など役職で呼ぶのも禁止。ニックネームで呼び捨てという、突拍子もない提案に従業員も当初、抵抗があったそうで…

(西アナ)「現場に抵抗感はありました?」
(ボス)「数名ありました。いままで『何々さん』って呼んでいるのに、いきなり顔日本人で『ボブ』とか。『何やこれ』っていう。(今は)それが楽しいと思ってくれるスタッフが多いので、みんな乗っかってくれる。」

パワハラやセクハラなど企業における“ハラスメント”が課題の時代。「ニックネーム」で呼び合っていると上司と部下の関係もこんな感じです。

(西アナ)「隣に座るジーンのことは、ジーンと呼びます?」
(コリン)「そうです。おかしいですか?」
(西アナ)「遠慮というか、『ええんかな』みたいなのは?」
(コリン)「やっぱり、上司で課長というのがあったので、『あだ名みたいな感じで呼び捨てしていいんかな』というのがあったけど、今ではそんなことない。」
(ジーン)「近くなったというか、こっちも話しかけやすい。」

仕事でミスをして注意するときも…

(ジェシー)「『ジェシーだめだよ』とか。」
(西アナ)「それだとちょっとソフトに受け止められますね。」

退職者↓従業員数は倍に↑業績も30%↑

社内の風通しが良くなったためか、制度導入から3年で、退職者が減り従業員数は1.8倍に増加。業績も約30%アップしたといいます。

「近くなりますよね、人との距離が確実に。友だちとかであだ名呼べるようになったら、親友になった感がでるじゃないですか。コミュニケーションが取れるようになれば業績も上がる。」(友安製作所・社長 ボス(友安啓則さん))

「ニックネーム」ゆえ…本名知らない問題

ただ「ニックネーム」ゆえに新たな課題も。

(シギ―)「外線とかかかってきたときに出たときに、みなさん本名を知らないことが多いので、1回会社の名簿をシステムで確認しないといけない。」
(西アナ)「普段『プッシュ』って呼んでる『彼はなんという名前やったっけ』っとなる?」
(シギ―)「本当に知らないです。」
(西アナ)「プッシュの本名知らないんですか?!」
(シギ―)「そうですね。」
(西アナ)「プッシュはシギ―の本名知ってるんですか?」
(プッシュ)「知らないですね。みんな知らないですね。」

仕事とプライベートがはっきり分かれていて、これもまた「効果」なのかもしれません。

(11月19日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『令和をよむ』より)

最近の記事

バックナンバー