MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

ミント!

かつては『ゾウ放牧』に『ドーム型ゴルフ場』!?あの大阪中心地に新施設まもなく開業

2019年11月13日(水)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

11月13日、JR大阪駅北側にオープンする「ヨドバシ梅田タワー」内の商業施設が、報道陣に公開されました。梅田の一等地で相次ぐ商業施設の開業。激戦の舞台はこの30年で大きく様変わりしています。

『リンクス梅田』まもなくオープン!

11月16日(土)に新しくオープンする複合商業施設『LINKS UMEDA(リンクス梅田)』。広さ約5万5000平方メートルの売り場には、女性に人気の雑貨店が子どもや男性向けの商品を強化した新業態『U.F.ObyFrancfranc』を展開するなど、アンテナショップとしての位置づけの出店も多く約200店舗が並んでいます。

「来年には東京オリンピックがありますので、大阪エリアも非常に盛り上がっていくと思うので、それを見据えて、必ず年内にはオープンさせたいとやってきた。」(ヨドバシ建物梅田事務所 五鬼上大介所長)

JR大阪駅周辺のエリアは1平方メートルあたり2000万円は下らない梅田の一等地。そこにそびえる「ヨドバシ梅田タワー」。各階は次のような構成となっています。

 地下1階~8階:ヨドバシカメラに全フロア直結する『LINKS UMEDA』
   9階~35階:『ホテル阪急レスパイア大阪』
   1階北側:『バスターミナル』東京方面などへの直行便も。11月13日夜から関西空港からのリムジンバス降り場として稼働。

大阪・梅田の一等地 かつてはゾウが!?

まさにここを拠点に人の流れも変化しそうですが、30年前、この場所に何があったのか、道行く人に聞いてみると…

(Qヨドバシ梅田ができる前は何があったか知っていますか?)
(女性)「分からん。ビルみたいな?なんやったんやろ。分からないです。」
(男性)「電鉄局。大鉄局。」
(男性)「サーカスが来ていたのは覚えているなぁ。」

1990年代まで、ここには国鉄の拠点やJRの本社が入る『大阪鉄道管理局』がありました。

しかしJRが移転して空き地になると、しばらく塩漬けにされ、1994年に突如表れたのが『ドーム型のゴルフ場』でした。
ドーム訂正.jpg
当時は会社帰りのサラリーマンなどで賑わったそうです。
links15.jpg
それも2年の賃貸契約を終えて撤去され、その後は『サーカスの拠点』となったことも。
link21.jpg
ゾウが放し飼いされ、干し草を頬張るという光景が広がっていたのです。当時、通りがかった人は…?
「びっくりして、白昼夢かと思った。珍しいね」(女性)
links08.jpg

次々と新たな商業施設 街の人々は

東京の家電小売店のヨドバシカメラは、1997年に三越百貨店などが競り合った結果、土地を1010億円で落札。当初のデザインとはちょっと違いますが、開発の最終形として『ヨドバシ梅田タワー』が完成したことになります。次々と生まれる新たな商業施設に、街の人の受け止め方は様々です。

「ここだけに来たらその日1日過ごせるなという感じで便利でいいなと。」(女性)
「グランフロントもあるし、なんとなく東京っぽいのが嫌かな。」(男性)

 梅田の一等地を舞台にした商業施設の開業ラッシュ。競争はさらに激しくなりそうです。

最近の記事

バックナンバー