MBS 毎日放送

ミント! ミント!

毎週月~金曜日 ごご3:49~放送関西のニュースは毎週月~金曜日 ごご4:30~放送

特集記事

【参院選】近畿で維新躍進...一方の立憲3戦全敗

2019年07月22日(月)放送

SHARE
Twitter
Facebook
はてなブログ
LINE

7月21日に行われた参議院選挙では、自民・公明の与党が71議席と改選議席の過半数を確保する一方、立憲民主党も8議席増やしました。近畿では維新の会が大阪ダブル選以降続く勢いを維持して議席を伸ばしましたが、全国で議席を伸ばした立憲民主党は1議席も取れませんでした。

■近畿で躍進の維新…関東でも念願の議席■

7月21日午後8時の投票締め切り直後、日本維新の会は大阪選挙区で現職・東徹さんと新人・梅村みずほさん2人とも当選を確実としました。

 「なんとか2人当選することができて、これ以上の喜びはない。『大阪もっとよくしてや』『応援してるで』『良い政治やってや』そういう維新に対する期待感をすごく感じた。」(大阪選挙区で当選 東徹さん)
 「私『梅村みずほ』だからではなく、日本維新の会の候補者だから勝ち得た当選。」(大阪選挙区で当選 梅村みずほさん)

6年前は東さん1人が出馬しトップ当選しましたが、今回は票をうまく分けられるかが課題でした。しかし結果は1位、2位。1位となった梅村さんが出馬を表明したのは、公示のわずか3週前でした。

「主婦目線というのは、一生忘れてはいけないところだと思う。おごることなく目の前の仕事に全力投球したい。」(梅村さん)

一方、候補者を1人に絞った自民党ですが、最下位当選に甘んじました。

「大切な1議席守り抜くことができたことが、新しい時代の大阪府連、大阪自民党を作っていくことにつながる。」(大阪選挙区で当選 太田房江さん)

維新の勢いは兵庫県にも及びました。6年前は2位で当選した現職の清水貴之さんが今回はトップ当選しました。

「改革として財源を生んで世の中を変えていく。今から新たなスタートだというふうに思っております。」(兵庫選挙区で当選 清水貴之さん)

維新は東京選挙区と神奈川選挙区でも議席を獲得。比例も合わせると10議席を獲得する躍進でした。 

「改めて身の引き締まる思い。増税することなく教育無償化という方向性出してきた。大阪で実績をあげることで関西エリアでは期待値が上がっている。」(日本維新の会 松井一郎代表)

■近畿では全敗の立憲民主■

一方、改選前の9議席から17議席に増やした立憲民主党ですが、関西では候補を立てた大阪、京都、兵庫全てで落選となりました。

「投票率が低いこととか、今回の結果に残念な思いがある。」(大阪選挙区で落選 亀石倫子さん)
「ひとえに私の力不足で、このような結果となってしまいました。本当にご期待に沿えず申し訳ありませんでした。」(京都選挙区で落選 増原裕子さん)
「維新が強いということと、自民・公明の組織力の強さも感じた。私自身がしっかり訴えきれなかった部分が大きい。」(兵庫選挙区で落選 安田真理さん)

■野党統一候補で近畿唯一…嘉田由紀子さんが当選■

野党共闘が功を奏したのが滋賀選挙区です。大接戦の末、元県知事の嘉田由紀子さんが自民党現職の二之湯武史さんを破り、近畿で野党統一候補唯一の当選となりました。

「安倍政権に対して、この滋賀から草の根の皆さんの声を上げていく。目指す方向はやはり政権交代ですから、その政権交代の一つの転換点にできたらと。」(滋賀選挙区で当選 嘉田由紀子さん)

■激戦区の兵庫■

また公明党は全国的にも選挙区全てで勝利し、兵庫でも新たに1議席を取りました。

「菅官房長官には3度もお越しいただきました。また、安倍首相にも街頭演説に立っていただきました。故郷へのご恩返し、皆さまへのご恩返しは本日から開始をさせていただく。」(兵庫選挙区で当選 高橋光男さん)

3年前に改選数が2から3に増えた兵庫は各党の党首が入る激戦区となり、善戦しているとみられていた自民党新人の加田裕之さんが意外にも苦戦。4位の立憲民主党新人の安田真理さんと約3万票差で、3位通過となりました。

「順位は3番でも、参議院議員といたしまして、仕事では1番を目指して6年間頑張ってまいります。手ごたえはあったんですけれども、期待もあったと思うんですが、やはり票が伸びなかったということは、私の力不足だと。」(兵庫選挙区で当選 加田裕之さん)

全国的には自民・公明合わせて71議席と改選数の過半数を獲得。与党の勝利となりましたが、維新を加えた改憲勢力は3分の2を割り込みました。

■有権者が期待することは■

「少なくとも(憲法改正の)議論は行うべきである、これが国民の審判であります。与野党の枠を超えて3分の2の賛同が得られる改正案を練り上げていきたい。」(自民党 安倍晋三首相)

『消費増税』『年金問題』『憲法改正』などが主な争点でしたが、有権者は国政に何を期待しているのでしょうか。

「一方的に消費税アップとか年金カットするとかね、マイナス姿勢が非常に強いので、そうではなくて自らしっかりとした対応を取った上で、やむを得ない場合は増税もありきかなと。」(有権者)
「消費税は上がってもいいから、福祉をしっかりしてくれてるんやったらそれでいいんちゃう。」(有権者)
「子どもたちが大きくなった時に、子どもに迷惑をかけないような年金制度。」(有権者)

最近の記事

バックナンバー