MBS 毎日放送

2019年08月14日 05時30分 公開

作品の原点は、明確な努力!蜷川実花が貫く信念

8月10日の「サワコの朝」のゲストは、写真家として活躍する一方、映画監督としても注目を集める蜷川実花さん。今年は2本の映画を手掛け、蜷川さん独自のカラフルで強烈な世界観で大きな話題になりました。今回は“実花ワールド”の原点や、3年前に他界した父・蜷川幸雄さんとの知られざる関係などをサワコに明かしてくれました。スタジオには蜷川さんの作品も登場し、色鮮やかな雰囲気の中、トークに花を咲かせました。

素敵!と思った瞬間を撮る。蜷川ワールドの人気の秘訣
「基本的には、素敵だなと思うものを撮っているだけ」と、自身の作品について話す蜷川さん。「こういう構図かな...ということもあまり考えないですし、あっ!素敵!と思った瞬間にシャッターを押すぐらいで、"寄ろう"と言うよりは綺麗だから気付いたら寄ってる」と話し、人物のポートレートを撮る際も「カッコイイ!とか素敵!って思って撮るとそれがそのまま写る」と解説。「20何年プロでやっているので、商品になる位にはもちろん持っていきます」とした上で「(作品を)並べたらこれは気分が乗ってたな、これは普通だったなとかバレるかも(笑)。私とスタッフは分かりますね」と、明かし笑いを起こしました。

そんな蜷川さんは、3年程前から雑誌「AERA」の表紙も担当。写真を撮られることに慣れていない人たちをどう"その気"にさせるかを問われると「その気になる前に終わってる(笑)。私、撮影すっごい早いんですよ。実際撮ってるのは3分から5分位。割と最初のフッとしたところを捕まえてますね」と話し、サワコを驚かせました。"爆発的に売れたらしい"と話す羽生結弦選手を撮影した時の話では、「演じてらっしゃる時のような感じで撮らせてくださいとお話ししたら、すぐスイッチが入って。音を立てるように表情が変わったのでさすがでした」というと「撮っていて面白かったし、何より格好良かったです」と撮影を回顧。一方で、プレッシャーもあったと話す蜷川さんは「絶対いいの撮らなきゃいけない。ファンの声が聞こえるみたいな。"みんなの見たいの頑張るね"って脳内でファンの皆さんと(掛け合いながら)蜷川いけ!と言われている気分で撮っていた」と撮影秘話を明かしてくれました。

20190813174035-c15820370d99eb977ba4d5dab13bd852d9ce4065.jpg

日本のガラパゴスで育った!?父・蜷川幸雄さんの教えとは
写真や映画のほかに、道後温泉とのコラボでも話題になった蜷川さん。多彩な才能を発揮させつつも父と同じ道へ進む可能性を問われると「いやいや、それはちょっともう聖域すぎる」とコメント。3年前に父が他界したことについては「肉親が亡くなったって言うことはシンプルに悲しい。でも、ロスは思った以上になかった」と明かすと「晩年、俺はお前に何もしてないからなって言うから"またまた〜"と思ったけど、幼少から色んなものを見られたことはあったけど、本当に何もしてないと思った」と、振り返りました。また、その幼少期を「日本の中のガラパゴスで、常に父の思想を語られながら育った」と話す蜷川さんは"男を捨てられる女であれ"と教わり、それがしっかりと根付くほど父との関係が密だったと言います。

しかし「私がものを作り出してからは、ある種の緊張感があって、お互いの作品について語るとかもなく、最初から最後までしっかり線引きがあった」と変化を説明。「だから、父の名前で仕事をしたこともなければ、父に誰かを紹介してもらったことも一切ない。何かすれば"親の七光りだ"ってずっと言われ続けて、蜷川実花っていうことをどうやって確立するか、常に闘いでした」とこれまでの葛藤を語りました。
また、クリエイティブを目指す若者に対し「人と違っても大丈夫だと伝えたい」と言うと、そう思える強さを持つためには「明確な努力をしなくちゃ駄目。私は、基本的には朝から晩まで仕事と子育て。時間が空いたら勉強している。その裏付けがあるから大丈夫と思える」とアドバイス。熱狂的に好まれるだけでなく、強烈な批判も寄せられる中で闘う蜷川さんが、貫き続ける信念を明かしました。

20190813175729-4a6c5501436e8dfa94dba3726ce2838549536322.jpg

「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組です。MBS/TBS系で毎週土曜あさ7時30分から放送中。ゲストの心に残る音楽と秘蔵トークをお楽しみに!

20190813174732-63867dffc178fe11f0678968bb76fb276c0b390f.jpg

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
「サワコの朝」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。

バックナンバー

番組ページ