MBS 毎日放送

2018年07月03日 12時19分 公開

今明かされるピンキーとキラーズの秘話

6月30日の「サワコの朝」のゲストは、歌手の今陽子さん。中学生の時にスカウトされ15歳の時にソロ歌手としてデビューした今さん。当初は、全く注目されず一度は帰郷した今さんですが、16歳の時に男性4人と組んだピンキーとキラーズの「恋の季節」が270万枚の大ヒット!シングル売上17週1位という未だ破られない大記録を打ち立てました。そんな今さんに、ピンキーとキラーズの秘話をはじめ、昭和の歌謡界の裏話、そして現在の生活を語っていただきました。

ピンキーVSキラーズ時代も...!?ぶた姫と呼ばれていたグループ時代

ダービーハットにチョッキ、パンタロン姿で一世を風靡したピンキーとキラーズが結成されたのは、今さんが16歳の時。男性四人組と今さんからなるこのグループは、1968年「第10回日本レコード大賞」で新人賞を受賞しました。「恋の季節」が大ブレイクし、国民的アイドルになると、待っていたのは超多忙な日々。番組では、今さんに人気絶頂期のピンキーとキラーズ時代の裏側を語っていただきました。寝る暇なく取材に終われていた今さんの睡眠時間は1日、1~2時間。当然、体は持たず、毎日、主治医と看護師に付き添われながら点滴を行い移動していたといいます。一方で、キラーズの方々は、今さんの取材中は休憩をとっていたそうで...。疲労もピークに達し疲れきっていた今さんは「あんた達さ、私がいなかったら仕事にならないんだから!」と思わず声を荒げたことも多々あったと告白。「だいぶ生意気だった」と振り返りながらもその高飛車ぶりとぽっちゃり体型から"ぶた姫"と呼ばれていたと明かしました。さらに、ピンキーが別の人になるかも知れなかった説があったことも告白!代わりの人は篠ひろ子さんだったそうで...。キラーズは「篠ひろ子さんだったらなぁ~」とこぼし、今さんは「キラーズがジャニーズ系だったなぁ」と互いに言い合っていたとか...。解散後は「(キラーズが)凄く大事にサポートしてくれていたんだなと実感した」という今さん。色々な時を共にしたキラーズとの秘話を明かしてくれました。

20180703122415-eace4d78ddc65fcfeb601801ede31ab05fe0fe87.jpg

歌手として、娘として...。91歳の母を支え介護に奮闘する現在

現在も、歌手活動を続ける今さんが51年の時を経て進化させた「恋の季節」2018バージョンを披露しました!3代目J Soul BrothersやEXILEが好きだといい、リズムの取り方を現代のビートに変えた華麗なステップには、サワコも大興奮!ほかにも「同窓会コンサート」と題して5~6年間、全国を巡りながら行ってきた音楽活動を報告。その中心にいた西城秀樹さんとの思い出を語っていただきました。プライベートでは、現在91歳になる母・君江さんの介護をおこなっている今さん。89歳までは、料理もこなし今さんの経理を担当していたそうで「あんなにしっかりしていた人がこんな風になっちゃうんだ」と現状に対する心境を吐露しました。メモ書きしたものを貼っても忘れてしまうほど物忘れが激しく、時々「何回同じこと言うの!」とケンカになってしまうという今さん。その直後には、一人トイレに入って「後悔、後悔、いかん、いかん」と自分に言い聞かせているといいます。「あまり根つめないように」と労うサワコには「お酒が好きだから、夜中に一人でロックをチビチビ飲んで我慢、我慢と唱えてる。いいガソリンなの」と明るく答え、番組の最後には、35年後にも番組にまた来ることを約束してくれました。

  ◇

「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組です。MBS/TBS系で毎週土曜あさ7時30分から放送。ゲストの心に残る音楽と秘蔵トークをお楽しみに!

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

「サワコの朝」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。
サワコの朝 無料見逃し配信 


番組ページ