MBS 毎日放送

2020年02月13日 20時30分 公開

「さんのーがーはい」!? 重い荷物を持つ時の「かけ声」を西へ東へと大調査!

2人で重い荷物を運んでいる最中、バランスが崩れた。そこで、すかさず「ちょっと!いったん置こか。一回、置こう」というのは、兄弟漫才師・中川家のコントネタ。今回、2月9日(日)に放送した「コトノハ図鑑」(MBS)では、この「一回、置こか」のコントネタ……ではなく、重い荷物を大勢で持ち上げる時、その瞬間に言う「かけ声」について調査した。地域によって違う「かけ声」。北は青森~南は九州・鹿児島をリサーチ。

「...はい?」

20200212175158-247e0df798e0be0aa935f6ff29bc0961ea261c5c.jpg

事の始まりは、MBS入社1年目の野嶋紗己子アナウンサーが、アナウンス室に放置していた重そうなダンボール箱を移動させようとした時のことだった。
「金山先輩!手伝ってもらえませんか」と、入社11年目の金山泉アナウンサーに協力をお願い。快く「いいよ!」と金山アナは、野嶋アナと一緒にそのダンボール箱を持ち上げようとした。その瞬間...

20200212175234-81f0ccb0d81bca25b9f2de3818d497408ce0a7b7.jpg

「いっせーのーせ!」と金山アナは言い、野嶋アナは「さんのーがーはい!」と言ったのだ。
「さんのーがーはい」......「はい?」。
金山アナの「いっせーのーせ」は分かるが、現在23歳の野嶋アナの「さんのーがーはい」は、JK(女子高生)言葉のように聞こえたが...。
この時、アナウンス室にいた玉巻映美アナウンサーにも「かけ声」をやってもらうと、「いっせーのーで」。西村麻子アナウンサーも同じく「いっせーのーで」だった。玉巻アナは大阪府出身。西村アナは京都府出身。関西人は同じかけ声だった。突拍子もない「さんのーがーはい」といった野嶋アナは福岡育ち。「いっせーのーせ」といった金山アナは新潟出身。
そこで、地域によって「かけ声は全然違うのでは!?」となり、野嶋アナと金山アナは「かけ声」について全国調査を敢行することになった。

「フランス語の...」
「新大阪駅」から新幹線に乗って、野嶋アナは「東」、金山アナは「西」にわかれて調査を開始。
まずは、西の金山アナは岡山県へ。ここでは「せーの」だった。そして、野嶋アナの最初の取材場所、愛知県「名古屋駅」で街の人に荷物を持ってもらうと...
ほとんどの人が「いっせーのーで」だった。岐阜県の人にもお願いすると同じく「いっせーのーで」。

20200212175330-79860da49348a0c6b378f71152637e29a1ccdbfe.jpg

「いっせーのーで」について、日本語の語源に詳しい京都先端科学大学の丸田博之教授に話しを聞くと、「フランス語の『hisser(イッセー)』と関係があります」。

20200212175409-782c4321b9aedfe8f948e8d6a866607c46ea6c65.jpg

明治時代、日本海軍がフランス海軍と合同で練習をしていた時、ボートを引き上げる号令「hisser(イッセー)」を導入したといわれている。「おそらく、フランス語のhisser(イッセー)は、日本語の『一斉』にもかかっているのでは」と丸田教授。

「せーの!」
続いて、「広島駅」に降り立った金山アナだが、なんと、ここではインタビューに応じてくれる人がいなくて大苦戦。大阪の街では簡単にインタビューに応じてくれる人が多いので、余計に辛く感じたのではないだろうか。「話が聞けません...」と、1時間経っても取材できずにいた金山アナ。ようやく協力者が現れて荷物を持ってもらうと、「いっせーの」だった。

20200212175504-45e782bf747eff6e56ec18c149cb33ffbcb40a50.jpg

この後、急いで「新山口駅」へ。ところが、ここでも大苦戦。なかなか協力者が現れず、駅前のラジオ局で放送中のDJに協力をお願いした。
山口では「せーの」。さらに「せーのがー」と言った人もいた。
一方の野嶋アナは、名古屋から静岡県「浜松駅」へ移動。ここでは、「いっせーのーせ(で)」や岡山・山口で聞いた「せーの」と言った人が現れた。静岡は「せーの」が圧倒的に多かった。

「さいのかみ」

20200212175553-33728747f9db9ccdb7457db208173453ece56fb1.jpg

「"いっせーの"と"せーの"の語源は全く別です。"せーの"方が古いです」と丸田教授。続けて、「"せーの"の語源は、"さいのかみ(道祖神)"の力を借りたい。そこから、『さいのかみ来い→さいの来い→せーの来い→せーの』になった」と解説。
"さいのかみ"は、全国にいる身近な神様なので、"せーの"は全国で使われる「かけ声」になった。

「意味のないこと...」

20200212175632-5d9083102510f8e152afaba8cf567ddc87dd078b.jpg

「西」担当の金山アナは、ようやく九州に到着。「東」担当の野嶋アナは「東京駅」に着いた。
まずは、野嶋アナから。東京の人は「せーの」だった。しかし、「いっせーのーせ・いっせーのーで」ともいうことがあると判明。それは、「いっぱい人がいる時には、(声も)合わせなくちゃいけないからね!」と、協力してくれた女性。大人数の時に使用する「かけ声」という。

20200212175710-347da084bd1b286370249a6119f8fea5a77d3bff.jpg

この後、野嶋アナは、栃木県「宇都宮駅」へ。ここでは、「いっせーのーせ」と東京の流れ。福島ではたまたま通りがかったフランス人に聞くことができ、やはり丸田教授が言っていた通り「いっせーのーせ」と言っていた! そして宮城県「仙台駅」では「せーの」。さらに取材中、出会った北海道の人にも聞くと、「いっせーのーで」、最終目的地の青森駅では「せーの(よ)」という結果だった。
一方、福岡県・博多駅前の金山アナ。
福岡の人に荷物を持ってもらうと...野嶋アナの「さんのーがーはい!」と言ったのだ。
丸田教授によると「1、2の3はい」の「1、2の」が略されて「さん(3)はい」になり、それが「さんのーがーはい」になったと説明した。

20200212175741-e9fb9075bfb5e88c9532682de6c67ba5bc9bfa7c.jpg

「さんのーがーはい」が出たところで、金山アナは博多の街で腹ごしらえ。その時、店にいた人が鹿児島県人だったため「かけ声」について聞くと、「いっちゃのーがせい」だった。そして、熊本の人は「せーのがさんはい」。
ここで、金山アナも取材終了。
今回、番組史上「移動距離・ロケ取材時間最長、使った金額も最高額だった」という。こんな意味があるのかないのか分からないことに真剣に取り組む企画は、関西のテレビ局ならではのテーマだな・・・と思いながら見ていると、野嶋アナが「東京駅」で出会った女性が「私、こういう、くだらない意味のないこと大好き!」と笑顔で野嶋アナに言ったのだ。「嬉しい!」と大喜びの野嶋アナ。また「それナニ?」というような意味はないけれど、「興味深い」調査をしてもらいたい。

     ◇

「コトノハ図鑑」(MBS 毎週日 あさ5時45分放送)は、MBSのアナウンサーが「コトノハ図鑑」の編集者として様々な分野の"言葉(コトノハ)"の世界を取材。「アナウンサーが言葉を学ぶこと」を通して、視聴者にも発見を届ける。"コトノハ"を深く知れば、『人生が少し豊かになる』をコンセプトに知的好奇心をくすぐる番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
過去の放送はこちらからご覧ください。

バックナンバー

番組ページ