MBS 毎日放送

2019年07月18日 17時30分 公開

「百合」はなぜ、「百」に「合」という漢字なのか? 意外と知らない「花の名前」の由来をリサーチ

 世の中に存在する花の種類は実に20万種類以上もあるという。花についてあまり詳しくない人でも「カーネーション」と「コスモス」くらいは分かると思うが、7月14日(日)に放送された「コトノハ図鑑」では、「知ればもっと楽しくなる!花のコトノハ」と題して、「花」にまつわる「言葉(コトノハ)」を詳しく掘り下げた。
なぜ、「百合」は「百」と「合」の組み合わせで「ゆり」と読むのか?花の名前の由来などを取材した。

コスモスの写真を見て「カーネーション」

20190716175842-0f72fca104c7efdaee36d832305679819db91e3a.jpg

 今回の取材は、入社7年目の豊崎由里絵アナウンサーと、入社5年目の玉巻映美アナウンサー。冒頭に記した「花に詳しくない人でもカーネーションとコスモスは分かるだろう」だが、実は...玉巻アナは「分からなかった」というのだ。
以前、情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)で放送されていた絶景スポットを探しに旅をする企画で、「植物の知識がほとんどないんですけど...」といいながら、コスモスが一面に咲いている写真を見て「これ、なんていうお花でしょう?なんだっけ?」「カーネーション!」と言い切っていたのだ。彼女の母親からは「あなたは、私の恥になるからテレビではお花について語らないでほしい」と注意されたとか。
女性アナウンサーは「なんでも知っている知識人」と思っていたので、彼女の「カーネーション」発言は驚きと同時に親近感がわいたが...。今回のテーマは「花」。大丈夫だろうか?

豊崎アナの名前由来

 豊崎アナの母親は生け花の先生。そのため、彼女は幼いころから花には慣れ親しんでいたという。また、豊崎アナの「由里絵」という名前は、「ユリ」が大好きな彼女の母親がそのまま「ユリ」と命名しようと思ったそうだが、「百合の花は、大輪がボトッと落ちて枯れるのがなんだか悲しいので、絵に描いたら枯れないから『由里絵』となった」と名前の由来を明かした。このエピソードにVTRを見ていた武川智美アナや松川浩子アナは「素敵な由来!」と絶賛。
豊崎アナの名前の漢字は、「百合」ではなく画数が良いものを選んで「由里」にしたというが、生け花の先生らしくて素敵な由来だ。

「バラはバラバラバラに散ってるから!」

 豊崎アナと玉巻アナは「京都市立植物園」を訪れた。そこで園芸家の国吉純さんから「花のコトノハ」を学ぶことに。まずは、「バラ」の名前の由来について。なぜ「バラ」というのか?と聞かれた豊崎アナは「こんもり咲いてますが、下(地面)に花びらがバラバラバラバラって散ってるから!」と答えたが...不正解。
正解は、「トゲのある低木の総称は茨(イバラ)というのですが、その茨が短くなって『バラ』になりました」と国吉さん。
このほか、国吉さんは、7月~8月が見どころの「トケイソウ」や、4月~6月に開花時期を迎える「キンギョソウ」など、日本人独自の感性で『見た目』から名付けられた花について解説した。

虫を食べる食虫植物「ウツボカズラ」

20190716180007-855a2dbb590e6e43bba2b0a8da6fae9390028fbe.jpg

 次に「観覧温室」へ移動した3人。ここは約4,500種類 25,000本もの熱帯地域原産の植物を見られる日本最大級の施設。ここにも日本人独自の感性で名付けられた花・植物があった。
それは、「ウツボカズラ」といって甘い蜜で誘い込んだ虫を栄養にする「食虫植物」。この名前の由来も見た目から名付けられたという。名前に「ウツボ」とあるので、海に生息する「ウツボ」を連想してしまうが、それではなく、矢などを入れて持ち歩く容器「靭(うつぼ)」に似ていることから名付けられた。また、カズラは蔦(ツタ)を意味しているので「ウツボのようなカズラ」→「ウツボカズラ」になった。

「百合」の漢字

20190716180107-f97e2621c8a1d1e8575525fa819390395e30bc17.jpg

 豊崎アナの名前の由来になっている「ユリ」の花は、漢字で書くと「百合」。なぜ、この漢字が使われたのか?その答えを国吉さんが食べ物の「ゆり根」を持参し「ゆり根は何枚もの鱗片が合わさっている。この鱗片の多さを『百』と捉えて『百枚ほどの鱗片が合わさっている』と。そこから、この『百』と『合』の漢字が使われた」と解説した。
そして、次の取材場所は「昼夜逆転室」。文字通り「昼夜逆転」している施設で、夜に咲く花を昼間に鑑賞することができる。ここで、豊崎アナと玉巻アナは1年に1日にしか咲かないという神秘的な「月下美人」を鑑賞。この奇跡的な瞬間に「すごくない!?」「私たちモッてる!」とはしゃいでいた。

「高嶺の花」って何の「花」?

最後に、花にまつわる慣用句についてクイズが出題された。

20190717145010-298a5b70773f216ac50e7f0788153ace714349df.jpg
【第1問】
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」。
美しい容姿や美しい立ち振る舞いをする女性に使われる言葉で、「芍薬」は、茎の先端に花が咲くことから美しい立ち姿を連想。「牡丹」は、葉の上に花が咲くことから鎮座した美しいものを連想した。
では、なぜ歩く姿を「百合の花」に例えたのか?
正解は、「百合は細い茎に大きな花を咲かせるので風を受けて揺れる姿が『揺すり』となり、それが変化して『ゆり』となった」と国吉さん。

20190717150117-ca30f07671b4f1e541a248163f7f4806ebe8b2a3.jpg

【第2問】
どれも優れていて甲乙つけがたい事を表す「いずれ菖蒲(あやめ)か、杜若(かきつばた)」について。
出題は、「A・Bどちらが菖蒲でどちらが杜若か?」だが、濃い青紫の花の写真はA・Bどちらもそっくり。同じ花に見えた。
正解は......というか見分け方は、「生息地で見分けることができる」と国吉さん。Aの写真は水辺で咲いていたので「杜若」。Bは陸上の乾燥地で咲いているので「菖蒲」。また、花びらでも見分けることができる。網目模様のように白い線が何本も入っているのが「杜若」で、シンプルな模様が「菖蒲」。

【第3問】
手の届かない憧れの存在を表現する言葉「高嶺の花」。
実は、この高嶺の「花」は実在するというが、何の花がモチーフになったのか分かるだろうか。
正解は、「シャクナゲ」。元々はヒマラヤなどの高山にしか咲かない花で採るのが命がけだったため「高嶺の花」のモチーフになったという。
過去、「カーネーション」と「コスモス」が分からなかった玉巻アナだが、今回教わった「菖蒲」と「杜若」の区別が完璧にできたら汚名返上できるかも知れない。

「コトノハ図鑑」(MBS 毎週日 あさ5時45分放送)は、MBSのアナウンサーが「コトノハ図鑑」の編集者として様々な分野の"言葉(コトノハ)"の世界を取材。「アナウンサーが言葉を学ぶこと」を通して、視聴者にも発見を届ける。"コトノハ"を深く知れば、『人生が少し豊かになる』をコンセプトに知的好奇心をくすぐる番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
「コトノハ図鑑」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。

バックナンバー

番組ページ