中園ミホ
1959年東京都中野区生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店に勤務。その後占い師を経て、88年『ニュータウン仮分署』で脚本家デビュー。
『For You』『やまとなでしこ』『anego』『ハケンの品格』『ナサケの女~国税局査察官~』と個性的な女性を描いた作品で、次々とヒットを飛ばす。
近年では、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の大ヒットや、2014年上半期、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』が過去10年間の最高視聴率を達成するなど、日本を代表する売れっ子脚本家として益々注目を集めている。
2013年に向田邦子賞、橋田賞をダブル受賞。昨年末、輝かしい活躍を見せた働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」特別賞受賞。