「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2017年06月11日放送

吉田勝次

洞窟探検家

目指すは人類未踏のアンダーワールド!50歳洞窟探検家のリアルな地底探検にカメラが密着!冗談抜きで“めちゃくちゃキツイ取材”でした…

洞窟の中を映しだす番組は数あれど、あの暗い空間を撮影するのには実はとんでもなく大がかりな照明のセッティングがいる。カメラ片手に洞窟を降りたり昇ったりする体力も気力もいる。しかも、人類未踏の地を求めて地底深くへ突き進む洞窟探検家への密着は当然ながら難所や狭所の連続…これまで様々な場数を踏んできた取材陣も今回、言葉に尽くせぬほどの恐怖と困難を味わうことになった。
日本を代表する洞窟探検家で、海外の政府からの調査依頼や国際会議への招聘も相次ぐ吉田勝次は、人類未踏の空間との出会いを求めてこれまでに1000箇所以上の洞窟を踏破してきた。今回、番組では吉田が発見したという三重県の洞窟にテレビ初潜入!更に、ラオスの山奥で“世界最大の洞窟発見”に挑む様子にも密着した。ロープをたよりに真っ暗な地底に降り立ち、全身泥だらけになりながら僅か十数センチの隙間に入り込んで奥へ、ひたすら奥へと進んでいく。1つでもミスをすれば生きて帰れないという恐怖と闘いながらも、果たしてその先に辿りついた光景とは・・・どこまでもワイルドな“夢追い人”の背中を追った。

プロフィール

吉田勝次

吉田勝次

(「吉」は下が長い「土」に「口」)
1966年大阪府生まれ、愛知県一宮市育ち。20代後半から洞窟探検の魅力に目覚め、これまでに世界30数ヶ国で1000箇所以上の洞窟を探検。日本ケイビング連盟会長。工事会社の社長を務める傍ら洞窟内のレスキューや、SRT(シングルロープテクニック)を海外で学び、洞窟探検家としての講演活動や共著学術論文多数。国内の後進育成にも励む。子ども6人孫5人の大家族。探検費用は全て自分で稼ぐという50歳。


担当スタッフ

演出:下口谷充
構成:浜田悠
ナレーター:窪田等
撮影:池村泰貴・松下剛士・山田英司
音効:早船麻季
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:福岡元啓・椰木泰西

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ