「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2015年08月16日放送

谷川俊太郎

詩人

戦後70年の夏。日本が世界に誇る現代詩人は今、何を感じどんな言葉を紡いでいるのか――。

詩人・谷川俊太郎83歳。20歳の時に詩集「二十億光年の孤独」でデビューし、60年以上創作活動を続けている。詩の他に絵本や作詞なども手がける谷川は、いまだ精力的で衰えを知らない。豊かな言葉でつづられた詩の数々は世界中で翻訳され、国や世代を超えて支持されている。
そんな谷川が、昨今の出版不況を鑑みて「いくら作品を発表しても多くの人の目に触れなければ意味がない」との思いから、苦手だという密着取材を受け入れた。夏は毎年、北軽井沢の別荘で過ごす谷川。ここにテレビカメラが入るのは初めてのことだ。戦後70年の夏を迎えた日本は、不安定な世界情勢や安保関連法案で揺れている。政治的なことをあまり語ろうとしない谷川だが、昨今の政局について切実に問いかけると、詩人らしい言葉で語り始めた。また、あるイベントでは突然1970年の大阪万博の時に書いた詩を朗読した。それは、今の新国立競技場の建設問題を想起させるものであった。
番組では今回、谷川に「日本と私」というテーマで詩をつくってもらった。彼が“今”伝えたいことは何なのか・・・。そのほか、音楽家の息子・賢作との共演ステージや、朗読イベントなどを通して、現代詩の巨星が紡ぐ言葉に耳を傾けた。

プロフィール

谷川俊太郎

谷川俊太郎

1931年12月15日、東京生まれ。
1952年第一詩集「二十億光年の孤独」を刊行。数多くの詩集のほか、「鉄腕アトム」主題歌の作詞や「マザー・グースのうた」の翻訳など、その創作は多岐にわたる。3度の結婚と離婚を経験するなど、私生活も波乱に満ちていた。今は1日1食の生活で、すこぶる調子がいいと言う。


担当スタッフ

演出:増永達治
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:手嶋俊幸
音効:増子彰
編集:中谷江志
制作協力:サボラミ
プロデューサー:福岡元啓

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ