「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2015年03月22日放送

田邊優貴子

生態学者

人呼んで“極ガール”。極地に息づく生物を見つめる生態学者・田邊優貴子に迫る。

 南極と北極をフィールドに、厳しい環境下に息づく生物たちを研究する女性がいる。国立極地研究所に所属する生態学者・田邊優貴子だ。人は彼女のことを“極ガール”と呼ぶ。
 これまで南極に5回、北極に3回赴いた田邊は、2009年、第51次南極観測隊に参加したとき、昭和基地近くの湖の底に、タケノコのような尖塔状の緑の森が広がっているのを発見した。それは、何万年もの間、人知れず光合成を繰り返しながら堆積した、苔類や藻類、バクテリアであることがわかった。
番組は、「南極には生まれたての地球の姿がある」と語る田邊の活動に迫るべく、昨年末から今年にかけて2度にわたって南極調査に向かい、野営生活をしながらフィールドワークを続ける姿を追った。1か月間風呂にも入らず、ブリザードでテントが飛ばされる恐怖から寝られない夜を過ごす。悪戦苦闘の末、およそ100万年という時間が作り出した厚い氷に閉ざされた湖に潜り、そこで“極ガール”が見つけたものとは?

プロフィール

田邊優貴子

田邊優貴子

1978年12月13日、青森県生まれ。
幼い頃に、TVで見たアラスカの映像に衝撃を受け、極北の世界に憧れる少女時代を送る。大学生のとき、1年間休学して念願のアラスカへ一人旅。滞在中、圧倒的な大雪原とオーロラに心をときめかす。その後もアラスカを訪れ、やがて極地をフィールドにした生物学者になることを決心。2007年、第49次南極観測隊の一員として初めて南極を訪れる。来年は、南極越冬隊員として1年4か月の長期滞在も予定している。


担当スタッフ

演出:冨山拓也
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:奥村恭介・工藤栄
音効:早船麻季
編集:三宅立馬
制作協力:放送映画
プロデューサー:福岡元啓・曽山睦子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ