「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2015年02月15日放送

徳永純司

パティシエ

チョコレートが夢の舞台への切符に。
“洋菓子界の修行僧”こと、パティシエ・徳永純司が世界最高峰の大会に挑む!

坊主頭とその仕事ぶりから“洋菓子界の修行僧”と呼ばれる男がいる。ザ・リッツカールトン・東京で腕を振るうパティシエ、徳永純司だ。
彼はここ数年、己のパティシエ人生をかけてあるコンクールに挑戦し続けている。2年に1度、フランスのリヨンで開催される「クープ・デュ・モンド」 。“パティシエのオリンピック”と称されるこの大会では、アメ細工、チョコレート細工、氷彫刻の3部門の超一流の職人たちがチームを組み、国別対抗で技を競い合う。徳永は、チョコレート細工の日本代表として4度目の挑戦で国内予選を突破し、世界大会への切符をつかんだ。
番組は、「これが最後の挑戦」と心に決め、今年1月の大会に臨む徳永の姿を追った。ホテルでの仕事を終えると寝る間を惜しんで朝までチョコレートと格闘する日々。大会直前は、修行僧さながら半月で10kgも体重が落ちたというが、果たしてその結果は?「必ず世界を獲ったる!」と気合を入れ、本場フランスへ乗り込んだ徳永の奮闘記を送る。

プロフィール

徳永純司

徳永純司

1979年2月11日、愛媛県生まれ。
父親が大工、祖父が和菓子職人。工業高校を卒業後、パティシエを志すが、お金がかかるからと専門学校には通わず、大阪のホテルにサービスマンとして就職。関西で10年間、数々のケーキ屋さんやホテルで下積みをし、2007年にザ・リッツカールトン・東京のオープニングスタッフとなり、現在は部門チーフを務めている。幼い頃、アニメの「一休さん」にあこがれたこともある。こだわりの坊主頭は、三分刈りだ。


担当スタッフ

演出:申成晧
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:浜崎務
音効:早船麻季
編集:岩井宏樹
制作協力:オルタスジャパン
プロデューサー:福岡元啓・重乃康紀

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ