「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2015年01月18日放送

斎藤工

俳優

今、最もセクシーと呼ばれる男を丸裸に―俳優・斎藤工の本音と男気に迫る。

昨夏放送のドラマで主役の不倫相手を演じ「色気がすごい」「セクシー」と世間から注目を浴び、一躍ブレイクした俳優・斎藤工。数年前までは仕事に恵まれない時期もあったが、俳優、ラジオパーソナリティから映画監督まで、いまや一日に5本の仕事をこなすこともざらという多忙ぶりだ。
番組では、そんな斎藤を丸裸にすべく、4か月にわたり密着。ドラマやラジオといった仕事の現場はもちろん、プライベート空間である一人暮らしの自宅にも潜入した。大きなスクリーンとソファがぽつんとあるだけの部屋。そんな空間で“今、最もセクシーな男”はどのような時間を過ごしているのか…。
さらに、映画をこよなく愛する斎藤が自ら初めてプロデュースする、移動映画館プロジェクトにも密着。「映画館がない場所で、同じ空間を共有する大切さを、移動映画館を通じて知ってほしい」という熱い想いから、宮城県・石巻市にて地元の要望をふまえてセレクトした作品を上映する斎藤を追った。その結果は…。“いまどきのイケメン”というだけでは語れない、俳優・斎藤工の本音と男気に迫る。

プロフィール

斎藤工

斎藤工

1981年8月22日、東京生まれ。
映画やCMの制作会社で働いていた父の影響で、幼い頃から映画館に通い多くの作品を観て育った。初めて観た映画は『E.T.』。15歳のとき、高校に通いながらモデル事務所に所属。2001年、韓国映画のリメーク『時の香り〜リメンバー・ミー〜』のプロデューサーにスカウトされ俳優デビューし、映画やドラマに出演する。2012年、ショートムービー『サクライロ』で監督デビューを果たす。2014年には、監督作品・短篇映画『半分ノ世界』がショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014ミュージックShort部門特別上映作品に選ばれる。


担当スタッフ

演出:中野伸郎
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:江森太一・岡本亮
音効:門脇弘幸
編集:高橋智子
制作協力:LUCAS
プロデューサー:福岡元啓・富澤正義

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ