「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2014年11月09日放送

池松壮亮

俳優

真摯な姿勢を貫く、今、注目の俳優・池松壮亮の半年を追う。

今、映画やテレビドラマのプロデューサーからキャスト候補として、もっとも名前が挙げられる俳優の一人、池松壮亮、24歳。
今年公開の映画は、主演作「愛の渦」や、宮沢りえの不倫相手役をつとめる「紙の月」など8本を数える。そして、現在放送中のテレビドラマ「MOZU」シリーズでは、冷徹で不死身の殺し屋役を演じ、存在感を放っている。
「自分で自分をつかめないのに、人が自分をつかめるのでしょうか?」と、池松は取材初日に語った。芝居一本で進む彼への密着取材は当初、なかなか取りつく島がなく、実態が見えにくい中で進んでいった。時に、緊迫した芝居の打ち合わせの場面を撮影していると手振りで向こうへ行ってくれと追い払われてしまう場面も。しかし、帰りのエレベーターの中で「本当に、僕、感じ悪くてすみません」と謝ってきた。池松にとって、この密着もひとつの映像作品として受け止めようとしていたようだ。
 決して、主役をつとめて大ブレイクしたいわけでもない。その一方で、どうしても仕事を一緒にしたい映画監督に対しては、手紙を書いて直談判をし、役を得ようとする。真摯な姿勢を貫く役者・池松壮亮の、ヒリヒリとしてやがて温かさがほのかに見えてくる半年を追った。

プロフィール

池松壮亮

池松壮亮

1990年7月9日、福岡県生まれ。
2003年に映画「ラスト・サムライ」で子役として高い評価を得る。映画の主役、脇役ともに様々な作品に出演。2014年夏、三浦大輔が演出を務めた舞台「母に欲す」に主演するなど、多様なジャンルで活躍の場を広げている。2014年公開の映画は「愛の渦」など8作に上り、年内は「紙の月」「バンクーバーの朝日」が順次公開予定。


担当スタッフ

演出:高橋修二
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:井戸裕一
音効:高島慎太郎
編集:重乃康紀
制作協力:ホリプロ
プロデューサー:福岡元啓・藤原努

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ