「情熱大陸」番組サイトは移転しました。
新サイトへアクセスしてください。

2014年04月06日放送

安藤忠雄

建築家

中国巨大プロジェクトに挑む世界的建築家・安藤忠雄に密着

 番組開始直後の1998年、2010年の「600回記念シリーズ」に続き、建築家・安藤忠雄に焦点を当てる。今回番組では、2010年の取材・放送のころにデザインを始めていた、中国の北京と上海を舞台とする壮大なプロジェクトのその後を追った。
古き良き伝統と新しさを融合させた「北京国子監ホテル(仮称)―Beijing Guozijian Hotel―」と、上海・経済特区の「上海保利大劇場―Shanghai Poly Theater―」。2つの作品の完成に向けて現場の人間たちと“信頼関係”を築き、前進していく安藤の姿を追う。なかでも「今これほどの大きなスケールの仕事が出来る国は無い」と、安藤が語る中国という未知の世界で様々な困難に立ち向かい、信念を貫き続ける世界的建築家の姿に密着する。

プロフィール

安藤忠雄

安藤忠雄

独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。
1979年に「住吉の長屋」で日本建築学会賞を受賞。その後も数々の作品でアルヴァ・アアルト賞、プリツカー賞など、数多くの賞を受賞。現進行中の建築計画は、アジア、欧米、中東の各地で50か所に及ぶ。主な作品に「光の教会 (大阪)」「地中美術館(香川)」「表参道ヒルズ(東京)」「東急東横線渋谷駅(東京)」などがある。一方で、アメリカのイェール大学やコロンビア大学、ハーバード大学の客員教授を歴任。1997年より、東京大学教授を務め、現在は名誉教授に就任。
建築家にとって必要なものは“体力”と“知的体力”だという安藤は、工事現場の階段を7階まで一気に駆け上がるほどパワフルな72歳だ。


担当スタッフ

演出:横尾初喜
構成:谷田省吾
ナレーター:窪田等
撮影:江森太一・寺田忠司
音効:中嶋尊史
編集:落合英行
制作協力:ホールマン
プロデューサー:福岡元啓・竹田青滋・松原憲郎・橋本美穂

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ